【1年半】楽天ポイントだけで投資信託を積み立ててみた結果

インデックス投資

ご存じの方も多いと思いますが、楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入することができます。

1ポイント=1円で投資信託が買えますので、現金と同じ感覚で使うことができるので分かりやすくてよいです。

私は、できるだけ楽天の提供するサービスを利用することで、楽天ポイントを集めていて、それで貯まったポイントで投資信託の買い付けをしています。

試みとして、「楽天ポイントだけ」で特定の投資信託を買い付けするという取り組みを行っており、投資を始めて約1年半が経ちましたので、状況を記録しておきたいと思います。

スポンサードサーチ

運用状況(2020年1月18日現在)

では、現在(2020年1月18日)の運用状況です。

買い付けしている投資信託は、楽天米国高配当株ファンド(楽天VYM)です。

買い付け額評価額損益(額)損益(%)
48,980円55,305円+6,325円+12.91%

楽天ポイントで約49,000円を買い付けて、6,300円ほどの含み益となっています。率にして+12.91%!

このところの株高のおかげで、昨年末あたりからぐっと含み益が増えました。

ちなみに、半年前の2019年7月はこんな感じでした。

買い付け額評価額損益(額)損益(%)
37,200円38,481円+1,281円+3.44%

かなり増えましたね。

楽天ポイントだけで5万円近く獲得できているのもスゴイと思うのですが、それをさらに増やすことができて大満足ですね。ニヤニヤが止まらない・・・

楽天スパイラルは使わないともったいない

私の楽天ポイントの獲得の主なものは、楽天証券で楽天カードを使った投資信託の積み立てです。

楽天証券では、楽天スーパーポイントに関連したサービスが充実しており、楽天カードを使って投資信託を買うと、月の上限5万円で1%分の楽天ポイントをもらうことができます。つまり、月500ポイントがもらえる計算。

このポイントを使って、さらに投資信託が買えるというすばらしい仕組みです。

楽天証券のカード引き落としでポイントをゲットする方法
楽天証券で、投資信託を購入する際に、楽天カードでの支払いをすると、ポイントをもらうことができる制度が始まりました。私も早速設定をしたので、制度をご紹介したいと思います。

つまり、楽天スパイラルともいうべき状態が発生していて、

楽天カードで投資信託の買い付け⇒1%分の楽天ポイントをもらう⇒ポイントで投資信託を買う

このサービスがいつまで続くのか分かりませんが(楽天、ガンバレ)、今後もサービスがある限り利用していきたいですね。

スポンサードサーチ

今後も実験を続けます

今のところ含み益が出ている状況ですが、今後はもちろん分かりません。

それでも、今後も楽天ポイントだけでどこまで増やせるのか、チャレンジしていきたいと思います。

運用して増やした楽天ポイントだけで旅行に行くのもいいなあと思ったりしています。