楽天ポイントだけで投資信託を積立て!1年運用してみた結果

インデックス投資

セミリタイアに向けた資産運用として主に投資信託によるインデックス投資を行っています。

メインは、つみたてNISAやイデコなのですが、それ以外でも特定口座でも買い付けをしています。

その中で、楽天スーパーポイントを使った買い付けをしています。楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投資信託を買い付けできるサービスを展開しており、私も利用しています。

楽天ポイントを使った買い付けをして、おおよそ1年が経ったので運用状況を報告したいと思います。

スポンサードサーチ

楽天ポイントで投資信託が買える

楽天証券では、楽天スーパーポイントを使って投資信託を買うことができます。

楽天証券では、楽天スーパーポイントに関連したサービスが充実しており、楽天カードを使って投資信託を買うと、月の上限5万円で1%分の楽天ポイントをもらうことができます。つまり、月500ポイントがもらえる計算。

このポイントを使って、さらに投資信託が買えるというすばらしい仕組みです。

楽天証券のカード引き落としでポイントをゲットする方法
楽天証券で、投資信託を購入する際に、楽天カードでの支払いをすると、ポイントをもらうことができる制度が始まりました。私も早速設定をしたので、制度をご紹介したいと思います。

私も楽天カードを使った積立を利用しており、毎月楽天ポイントをもらっています。さらに、楽天銀行の利用によるハッピープログラムでポイントをもらったりしています。

こうして得たポイントを使って投資信託を購入しているというわけ。

楽天VYMを買っています

で、楽天ポイントで買っている投資信託ですが、楽天・米国高配当株インデックスファンド(通称:楽天VYM)です。

その名の通り、アメリカのETF(上場投資信託)であるVYMという高配当株で構成されたものを間接的に買えるという投資信託です。

どうして、この投資信託を選んだかと言うと、「高配当株」という名前に引かれたからというテキトーな理由です。

特定口座で買っている「eMaxis slim先進国株」とかをポイント分上積みすることも考えたのですが、そうしてしまうとポイントだけでどれくらい運用できたのかが分離できなくなります。

そこで、ポイントで買う投資信託は完全独立したもので、ポイントだけで買うことにして、ポイントがどれくらい増えたか(あるいは減ったか)を分かるようにしようというそういう魂胆です。

で、どれにしようかなということで選んだのが楽天VYM。高配当株にちょっと興味があったので、それが投資信託で買えるならということで買ってみることにしました。

現在は、月に1回ある程度ポイントが貯まった段階で、手動で買い付けをしています。

スポンサードサーチ

運用状況(2019年7月6日現在)

それで、運用状況ですが、こんな感じです。

買い付け額評価額損益(額)損益(%)
37,200円38,481円+1,281円+3.44%

一応プラスになっています。買い付け額は、基本的に楽天スーパーポイントですが、厳密にいうと楽天スーパーポイントだけで買っているわけではありません。

例えば、楽天スーパーポイントが680ポイントあったとすると、切り良く700ポイント分注文したりします。この場合は、20円は現金で買っていることになります。

また、投資信託を買えるのは楽天ポイントのうち「通常ポイント」だけです。「期間限定ポイント」では買えないのですが、家族の買い物を代行したときに楽天市場で期間限定ポイントを使い、その分を現金で家族から受け取ることもあります。その現金分を買い付けすることで期間限定ポイントを間接的に使って購入した分も含まれています。

今のところプラスになっていていい感じです。おまけでもらったポイントがさらに増えているなんてサイコーではないでしょうか。

とはいえ、ちょっと前まではマイナスになっていました。ほかの投資信託も同じことが言えますが、この1年はプラスになったりマイナスになったりと落ち着きのない動きになっています。

もらったポイントを運用する時代

楽天ポイントに限らず、ポイントを貯めている人は多いと思います。大抵は、買い物の際にポイントを使って値引きしてもらうということがスタンダードでしょう。

ところが、楽天証券並びに楽天グループが始めたサービスによって、そこに「運用」という使い道ができたのです。

もらったポイントを運用してさらに増やすということが可能になりました。

今や、時代は「ポイントを運用する」時代になったのです。

楽天以外にも、SBI証券がTポイントで投資信託を買えるようにするみたいですし、ますますポイント運用が広まるかもしれませんね。

投資をする人としない人、ポイントをただ消費する人と運用する人の間では、将来的に大きな格差が生じるのかもしれません。

今後も、ポイント投資を継続していきたいと思います。

さらに半年後経った状況はこちら!

【1年半】楽天ポイントだけで投資信託を積み立ててみた結果
試みとして、「楽天ポイントだけ」で特定の投資信託を買い付けするという取り組みを行っており、投資を始めて約1年半が経ちましたので、状況を記録しておきたいと思います。
インデックス投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~