ブログは「特化」にすべきか「雑記」にすべきか?

ブログ

このブログを始めてから7カ月が経ちました。前月は、月間5,000PVを超えることができて少しずつですが、ブログが成長していることを実感しています。

とはいえ、7カ月ブログを運営してみて感じたのは、「現実は厳しい」ということです。

そもそもブログを始めたのは、セミリタイアへ向けて「副収入」になればいいなという思いからでした。グーグルアドセンスの広告を掲載することで、広告収入という形で収益が得られるのです。

しかし、サーバー代すらペイできていない状態で赤字が続いています。まだ、7カ月しか経ってない、これからだとも言えるのですが、さはさりながら半年以上が経過しています。

こんなペースで大丈夫なのか、ブログの方向性はこれでよいのか、ムダな作業をしているのではないかという思いが日に日に大きくなっています。

このあたりで一度、今後のブログ運営の方針などを考えておいた方がよいのではないかと思うのです。

スポンサードサーチ

「特化」で行くのか、「雑記」にするのか

この記事が146個目の記事です。約150記事書いてきたことになります。中には、まったく読まれないものもありますので、実質はもう少し少ないと思います。ただ、初心者であることを考えれば、半年間なんとか更新を続けてこれたのはよかったと思います。

ただ、ここへきて「ネタ」がなくなってきたのです。書きたいと思っていたことはだいたい書いてしまいましたので、だんだん似たような内容の記事が増えてきたように思います。

理由としては、このブログが「セミリタイア」をテーマにしていますので、どうしてもその枠組みの中で書こうとすると、記事の内容が限定されてしまうことがあります。

そこで、打開策としてはセミリタイアにこだわらず、いろいろなテーマで記事を書くという方法があります。

例えば、セミリタイアとはまったく関係のない本の書評や最近見た映画の感想を書いたり、旅行に行った旅行記を書いたり・・・

いわゆるなんでもありの「雑記ブログ」にするのです。

メリットとしては、記事のネタはなんでもよいので書きやすくなるということがあります。

一方で、デメリットとしてはブログの専門性が薄くなるということです。一応「セミリタイア」を主テーマに書いてきたので、「セミリタイアのブログ」と言えたのですが、なんでもありにすると「一体、何のブログなの?」ということになります。

複数ブログの運営も考えたが・・・

雑記型にする以外の方法としては、複数のブログを運営するというものです。

例えば、旅行に特化したブログ、映画に特化したブログ・・・などなど。そうすれば、テーマが分かりやすいシンプルなブログを運営できます。

ただ、デメリットとして考えられるのは、管理が大変になるということです。それぞれでドメインを取得しなければなりませんし、それぞれのブログでデザインなども一からすべて設定しなければなりません。

また、定期的に更新していくことが大事だと言われていますが、ブログを複数運営すると、それぞれで更新ペースが鈍くなってしまいます。一つのブログにまとめていれば、どのカテゴリーでも記事を書いていれば、そのブログとしては更新されていることになりますからね。

以上のように複数のブログを運営するのは、初心者の私にとっては難しいと思われます。

スポンサードサーチ

今後はテーマを広げていきます。

ということで、「ネタ切れ」という現実の前には、背に腹は代えられません。ブログ自体は続けていきたいと思っていますので、このブログ内で「セミリタイア」というテーマにこだわらずブログの記事を書いていきたいと思います。

もちろん、メインテーマは「セミリタイア」であることには変わりありません。ただ、それにこだわり過ぎず可能性を広げていきたいと思います。具体的にはカテゴリーを増やしていきます。

もしかしたら、その中でセミリタイアよりもアクセスの集まるカテゴリーができるかもしれません。そうなれば、そのカテゴリーを別ブログとして独立させることもできるでしょう。

もちろん、どうなるかはわかりませんが。

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~