会社はイヤだけど転職する勇気もない人へ~セミリタイア計画のすすめ

セミリタイアの考え方

会社がイヤでイヤで行きたくないティベリウスです。

私は、このブログのタイトル通りに「会社に行きたくない」と思っています。その理由は、このブログにもいろいろと書いていますが、仕事そのものがイヤだったり、職場の人間関係がイヤだったり、職場の付き合いがイヤだったり、自分の自由がないと感じていたりと、とにかく会社というものに縛られているのがイヤでイヤでしょうがないのです。

会社が行くのがイヤな場合には、思いきって「転職」を考えている方もいるかもしれません。私も、ぼんやりとそんなことを考えてみた時期もあったのですが、やはり自分には無理だと思いました。

今の会社に40年も行くなんてイヤだという気持ちに変わりはありませんが、かといって転職したところで、別の会社でもやはり行きたくないと思うのではないか、そう考えたからです。

そんな、八方塞がりの状態で悶もんとしていたときに、一筋の光となったのが、「セミリタイア」という概念だったのです。

会社がイヤで転職しようかと思っているけれど、踏み出す勇気も魂胆もない人に、是非セミリタイアを選択肢に入れてみてほしいというお話です。

スポンサードサーチ

転職には勇気と根性が必要です

ここ数年は、経済状態が好調で人手不足といわれており、転職市場も活発になっているようです。

テレビを見ていても、転職紹介サイトのCMがよく流れていますね。あれを見ていると、転職すればいい人生が待っているような感じがしてきますので、よくできているなあと思います。

しかし、実際に転職しようと思うと、大きなハードルがあるのではないでしょうか。

まず、転職したいと思う業界や企業をリサーチして自分の志望を絞っていかなければなりません。そして、場合によっては、その会社の転職説明会などに参加したり、在職者に話を聞いたりする必要もあるでしょう。そして、最終的には面接を受ける必要があります。

いうなれば、就活をもう一度するようようなもので、大きなエネルギーが必要です。しかも、現在の会社で働きながらですから、なかなか大変であろうことが想像できます。

本当にやりたい仕事があるならモチベーションも保てるでしょうが、私のようにただ今の会社がイヤだからという理由や、そもそも会社で働きたくないと思っている人間にはとてもではないですが、これだけのことを自主的にやるのはムリです。

それに、転職したとしても決してうまくいく保証もありません。実際に入社して働いてみないと分からないこともあるでしょう。むしろ、前の会社の方がマシだったとか、そんなことになれば笑い話では済みません。

日本は海外と違って、「就職」というよりは「就社」ですから、その会社でしか通用しないスキルを身につけることになりますから、会社が変わってしまえばまた1からのスタートになります。新入社員ならばいざ知らず、ある程度の年齢になっていますから、入社してすぐに結果を出すことが求められるでしょう。そこで、1からのスタートでは、心身ともにかなりの負担になるはずです。

そんなわけで、転職には大きな負担と、リスクがあります。ですから、並大抵の思いではなかなか踏み出せず、「勇気」「魂胆」が必要になると思われます

ということで、私はすぐにこの選択肢はないと判断したのです。

セミリタイアという選択肢がある!

今の会社にも行きたくないが、かといって転職する勇気もなにもない私に希望を与えてくれたのが、「セミリタイア」という概念でした。

セミリタイアとは、リタイア=会社を辞めるのですが、完全にリタイアするのではなく、蓄えた資産を取り崩すと同時に、リタイア後もアルバイトをときどきしたりして、生活していくものです。

メリットとしては、会社に行かなくて済む、これにつきますね。そして、会社員時代とは比べ物にならない「自由」を手に入れることができます

海外では、「Fire Movement」といって、経済的自由を手に入れて早期リタイアする運動が若者の間で人気になっているようです。

誰でも30代でもできる?早期退職「FIRE」の実践者に聞いてみたを読んで
FIRE Movement(ファイア・ムーブメント)とは、アメリカ発祥の運動で、経済的に独立し、早期リタイアしようとする運動とのこと。おぉ、まさにセミリタイア!

リタイア後の生活を維持するために、ある程度の資産を築く必要があるために、会社に勤め続ける必要はあります。でも、40年ではありません。あと、10年くらいの我慢・・・そう考えれば、少し希望が見えてきませんか?

スポンサードサーチ

セミリタイアを意識して変わったこと

「希望 フリー素材」の画像検索結果

私がセミリタイアを考え始めて、変わったことは会社・仕事に対する考え方というか関わり方です。

ここには、あと十数年くらいいるだけだと思うと、なんだか吹っ切れたような感じになりました。

やめようと思えば、やめられるんだし、ここにいる人たちともセミリタイアをしたあとは一切関わることもないことだし、会社がそのあとどうなろうと知ったことではない。ずーっと会社にいるわけではないのだから、出世競争する必要もない。むしろ、仕事ができないヤツと思われて、どうでもいい部署に回されたほうがいいというように思い始めると、仕事に対する思いが少し軽くなったのです。まあ、いいやって思えるようになりました。どうせ、辞めるんだからと。

それは、自分で会社勤めをする「ゴール」を決めたことが大きな要因だと思います。ゴールさえあれば、希望が持てます。目標ができれば、それを達成するためには何が必要か、その答えは自然と出てくるはずです。

その答えが、この「セミリタイア計画」なのです。

会社に行くのがイヤな人、でも転職する勇気も気力もあるわけでもない人は、是非セミリタイアを人生の選択肢に考えてみてはどうでしょう。会社や仕事に対する気持ちが変わってくると思いますよ。

セミリタイアに何が必要かは、このブログの3本柱である「投資・資産運用」「節約・マネー」「ブログ」のカテゴリーを見ていただければ、なんとなくわかっていただけるのではないかと思います。

セミリタイアの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~