新NISAは2階建てになり、ますます分かりにくくなりそうです

つみたてNISA・iDeCo

先日、与党の税制大綱が決定されたとの報道がありました。

私が注目していたのは、当然のことながら「NISA」がどうなるのかということです。

現行の「一般NISA」は2023年までとなっていますが、それがどうなるのか。そして、「つみたてNISA」との一本化という話になるのか、ということに注目していました。

【どうなる?】NISA(一般・つみたて)一本化へ
現在、NISAには「一般」と「つみたて」の2種類があります。どうやら、この2種類のNISAを一本化しようというもののようです。「一本化」とはいうものの、上限額や非課税期間が異なる2制度をどのように一本化するのでしょうか。

報道によると、結局「一本化」はされず(方向性は一本化?)、現行一般NISAに代わって、新NISAの制度が創設されるとのこと。

しかし、その内容が「?」でしたね。

スポンサードサーチ

新NISAは「2階建」構造に!

新聞の記事によると、新NISAは「2階建」構造になるとのこと。

1階部分として「つみたて枠」と、2階部分の「成長枠」が設けられます。このうち、2階部分の「成長枠」がいわゆる現行NISA相当らしい。

そして、制度改正の目玉(と思われる)が、1階の「つみたて枠」です。

この部分で投資できるのは、リスクが低い投資信託などに限定されていて、この枠を使わないと、2階部分(上場株式等が買える)が使えないらしい。

それぞれの投資上限額は、「つみたて枠」が20万円、「成長枠」が102万円(102?)とのこと。そして、非課税期間は現行と同じ5年間。

1階部分を作った意図は、長期投資をしてほしいということらしいです。

でも、正直な印象としては「うーん、わかりにくい!」って感じですかね。

つみたてNISAと併用可でよかったのでは?

別にわざわざ2階建てにしなくても、「つみたてNISA」と併用できるようにすればよかったのでは?と思います。

長期投資という意味では、つみたてNISAがあるのですから、その利用を促進するのが本来のあり方ではないでしょうか。

新NISAのつみたて枠はたかだか20万円ですし、非課税期間も5年間では、とても長期投資用とはいえないと思います。

そんなことなら、つみたてNISAを利用していないと、一般NISA枠が使えないというのでもよかったのでは?と思ってしまいます。

20万円も40万円(つみたてNISA)もさして大きな差があるわけではないのですから。余計に制度をややこしくしている面は否めないでしょう。

それに、1階部分を利用していることが前提ということですが、100円でも使っていればいいのか、それとも半分は使わないといけないのかも判然としません。

そして、個人的にとても気になったのが、2階部分の上限額が「102万円」だったことです。

半端な2万円ってなんなんでしょう。12(ヵ月)で割り切れる数字ではないですし・・・謎ですね。

スポンサードサーチ

頭がいい人が考えたはずなのに・・・

制度の利用を促進したいのであれば、制度の仕組みはシンプルなものにするべきです。

今回の税制大綱は、与党で決めたものですが、作成には官僚も入っているはずです。

日本で最高峰の頭脳(を持っているはず・・・)が集まっているはずなのに、出てきたのがなんと中途半端で、そしてややこしい制度なのでしょう。やはり、日本の将来には、あまり期待できませんね。

私は、このまま「つみたてNISA」での投資を続けるつもりなので、新NISAを使うことは、おそらくないと思います。

つみたてNISAと、一般枠が併用できるようになれば、是非使ってみたかったですけどね。

今回の税制大綱では、つみたてNISAの投資期間も20年が確保できるようになることも正式に決まったようです。が、疑問点もいくつかありますが、まだ詳細が分かりません。

【疑問点】つみたてNISA延長にまつわる不明点を検討する
制度利用開始の時期による不公平を解消することができる制度改正なのですが、その一方で、疑問点というか不明点があるように思います。それは、現行では選択制となっている「一般NISA」枠を利用していた場合の取り扱いです。
つみたてNISA・iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~