セミリタイアした後はいろいろな場所を旅してみたい

セミリタイア計画

セミリタイアするということは、会社を辞めるということです。

で、辞めたあと何をするか。

会社(フルタイムの仕事)を辞めることは、もちろん大きな目的でもありますが、本当は辞めたあとの新たな人生をどう生きるのかが大切なのではないかと思います。

「セミ」リタイアなので、いくばくかは働くにせよ、時間だけはたっぷりあるのです。

自由な人生を満喫しなければもったいないというもの。

セミリタイアした後にしてみたいことはいくつかあるのですが、その中の一つが「旅」をするということです。日本国内はもちろんのこと、予算が許す限りは海外にも行ってみたいですね。

家と職場を往復する生活からオサラバしたのですから、どこか遠くに足を延ばして、いろいろなところを自分の足で歩き、見てみたいと思うのです。

スポンサードサーチ

サラリーマンがなかなか旅行できない理由

もちろん、セミリタイアしなくても旅行に行くことは可能です。そういう人も結構たくさんいるでしょう。

でも、そうはいっても限度というものがあります。サラリーマンがなかなか旅行できない理由を挙げてみたいと思います。

まず第一に時間がとれないということが大きい。

2~3日の旅行ならばいざ知らず、1週間程度の旅行でさえ、ゴールデンウイークや年末年始などの大型連休くらいしか機会がありません。

さらに、そういう時期は旅行代金が高騰していますし、繁忙期で観光地は人であふれかえっていることでしょう。

せっかく高いお金を出しても、人混みに巻き込まれるのです。特に私は人間が嫌いなので、人混みも大嫌いなのです。

さらに、休みが取れたとしても、旅行から帰ってきたらすぐに仕事に行かねばなりません。旅行は楽しいものですが、疲れるのも確かです。ちょっとゆっくりしたいというのも難しいのでは、なかなか旅行に行こうとは思えないのです。

セミリタイアすれば・・・

その点、セミリタイアすれば気兼ねなく旅行に行けるでしょう。

時間だけは十分にあるのです。

わざわざ人で混む繁忙期を選ばなくても、閑散期に行けば安く済むし、なにより観光地に人が少ないから最高です。

旅行後もゆっくり休むこともできるでしょう。

たっぷりできた時間を使って、世界を見て回るのが楽しみですね。国内もいいですが、やはり海外にも行ってみたい。

家と職場の往復だけでは知らなかった世界が、広がっているのです。これを知らずに死ぬなんてもったいないです。

そして、できれば体力がある若いうちに行きたいですね。そうであるからこそ、早期のセミリタイアが必要なのです。

そのためには、少し多めに資金を貯めておいたほうがよさそうですね。もちろん、年がら年じゅう海外旅行に行くなんてことはできませんが、格安のツアーなんかを利用すれば、そんなに無理しなくてもイケそうな気がします。

スポンサードサーチ

セミリタイア後に行ってみたいところ

最後に、私がセミリタイアしたら行ってみたいところを挙げてみたいと思います。

「ローマ人の物語」で有名な塩野七生氏の著作が好きで影響を受けたせいか、やはり地中海世界に興味があります。

例えば、南イタリア、ギリシア、トルコ、エジプトあたり。

飽くまで美しい地中海と陽光眩しい太陽。そして、重低音のようにさりげなく、しかし確かに感じられる古代の薫り。何か人を惹きつけるようなものがある気がします。

私がペンネームにしている古代ローマ皇帝ティベリウスが”引きこもった”という「カプリ島」や「ロードス島」にも行ってみたい。

こう書いているだけでも行ってみたくなりますね。

その日が来るまで、これをモチベーションに頑張りたいと思います。何か目標があったほうが頑張れるでしょうから。

セミリタイア計画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~