今日から始める!セミリタイアに向けて生活水準を下げる方法5選!

お金の考え方

セミリタイアに向けて取り組んでいるティベリウスです。

セミリタイアするに当たっては、とにかく生活水準を下げることが重要です。これは、セミリタイアするまでに十分な資産を築くための手段であると同時に、晴れてセミリタイアを達成したあとも重要になります。

セミリタイアした後に、多額の生活費がかかるようなコスパの悪い生活をしていては、あっという間に資産を食いつぶしてしまうでしょう。そうなれば、生活が破たんしてしまいます。

では、セミリタイアしてから生活水準を下げればよいかというと、それはなかなか難しいと思います。人間は、長年の生活習慣はそう簡単には変えられないものです。

本気でセミリタイアを目指すのであれば、若いうち(20代、30代)から生活水準を下げて生活し、それが当たり前になっておくことが大事だと思います。そうすれば、スムーズにセミリタイア生活にも入っていけるでしょう。

最初は、なかなか慣れないかもしれませんが、塩分の濃い味噌汁から薄い味噌汁に変えると最初は物足りませんが、だんだん慣れてくるように、低コスト生活にもじきに慣れてくることでしょう。

そこで、今回はすぐにでもできる生活水準を引き下げる方法をご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

固定費を削減する

まずは、生活費の中でも固定費に注目しましょう。固定費であるだけに、ここを削減できれば、大きなコストカットが可能です。

①実家に入って住宅費をカット

可能であれば、実家に入ることをお勧めします。生活費の中で、一番大きいのがこの住宅費です。私も、実家に入っており、かなりの節約ができています。

実家暮らしこそセミリタイアへの近道である理由
セミリタイアする上で、考えなければならないのが「住宅問題」です。これについて、どのような選択をするのかによって、セミリタイアの計画設定が大きく変わってきます。

物価の高い日本で、一人暮らしをするのはかなりの贅沢なのです。複数人が共同生活して、コストを抑えるのは経済合理的な行動です。

もし、実家に入ることができないのであれば、社宅に入ったり、シェアハウスなども検討してみるとよいでしょう。当たり前ですが、とにかく安く済むようにすることです。間違っても、見栄を張って身の丈に見合わない賃貸物件には入ってはいけません。

②格安スマホにして通信費をカット

以前にも記事にしましたが、格安スマホにすることで、かなりコストをカットできます。私は、マイネオという格安スマホにしていますが、月の料金は2,000円を切っています

【節約】格安スマホ「マイネオ」をおすすめする5つのメリット
私がちょうど1年前から使い始めた格安スマホ「マイネオ」をおすすめしたい理由を書いていきたいと思います。

大手キャリアの料金プランでは、いろいろとオプションを付けたりして結局いくらかかるのか分かりにくくなっています(それが、狙いではあるのですが)そうやって、不必要なお金を払わされているのです。

ここも絶対に格安スマホにするべきだと思います。

③不必要な保険に入らない

みなさん意外と意識していないのですが、生命保険や医療保険などもかなりのコストがかかっています。保険は、住宅や自動車などと同様に大きな支出を占めていて、仮に20歳から60歳まで月3万円の保険料を払い続けたとすると総額約1,500万円になり、ワンルームマンション1軒を買うのと同じになります。

ですので、保険は慎重に選ぶべきです。独身であれば、生命保険は不要ですし(生命保険は子供がいる人などは必要です)、高額医療費制度などがあり公的医療保険でほとんど対応が可能です。ですので、保険は最低限にしておきましょう。

また、大手生命保険会社ではなく、ネット保険や共済系の保険をおススメします。大手生保の商品は、損得計算が簡単にできないように特約をつけることで、あえて分かりにくい商品設計にして、保険料をふんだくっています。さらに、保険外交員(いわゆる保険のオバサン)の経費などが保険料に乗せられていますから、保険料が高いです。これらは、選ばないようにしましょう。

不要なものはやめる、処分する

「計算 無料 素材」の画像検索結果
④タバコ、お酒をやめる

生きるたには不必要です。即刻やめましょう。

特にタバコ。これほどもったいないことはありません。たかが、煙です。どうしてもという人は、こう考えてみてはいかがでしょうか。タバコ1箱500円として、月に10箱吸うとします。すると、月に5,000円。年額、6万円です。たいしたことないと思うかもしれませんが、そのお金を投資信託にまわしていたとしましょう。5%で運用できていたとすると、10年後には約77万円、20年後には約205万円にもなります。これだけの価値のあるものを浪費していると思うと、もったいなく思えてきませんか?小さなことが雪だるま式に積み重なると大きな差異をもたらします。

⑤クルマを持たない

以前の記事にも書きましたが、

クルマは「負債」である!セミリタイア志願者がクルマを持つべきでない理由
クルマを買うのにお金が必要なことはもちろんですが、クルマは買っただけでは済まず、その後も「ランニングコスト」という形でお金がかかり続けます。では、セミリタイア志願者はどうすべきなのでしょうか。結論から言えば、「クルマは持つべきではない」という結論になります。

クルマは税金やら保険やらで持っているだけでどんどん資産がなくなっていく「負債」です。できることなら、持たない方がよいでしょう。もし、どうしても必要であれば、税金の安い軽自動車にしたり、マイカーリースなどの形で必要な期間だけ借りるということもできます。

スポンサードサーチ

やるき次第で生活は変わる。後はやるかどうか。

以上、生活水準を下げるためにおススメする方法を5つご紹介しました。これらは、あくまで一例ですので、個々人の事情に応じて取捨選択をしてください。

共通していえるのは、徹底した「コスト意識」です。本当に必要なものか、なにか別のもので代替できないか、もし投資に回していたらどれくらいになるのか、こういったことを常に考えがらお金を使っていく習慣ができていれば、自然とコスト意識が高まってくるでしょう。せっかく、行きたくない会社に行って稼いだお金なのですから、有意義に使いたいですよね。

あとは、やるかどうかの問題です。ちょっと古いですが、「いつやるか。今でしょ」ですね。セミリタイアしたいなら、絶対に今日からはじめましょう!

お金の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~