住信SBIネット銀行の定額自動入金の便利な使い方を解説!

お金の考え方

私も口座を開設して利用している「住信SBIネット銀行」。ネット銀行でも大手です。

様々なサービスを提供していますが、その中に「定額自動入金」というサービスがあります。おおまかに制度を説明すると、ほかの銀行の自分名義の口座から、住信SBIネット銀行へ、手数料無料でお金を異動させることができるというものです。

「手数料無料」というのが、ポイントです。このサービスが実はとても便利なので、ご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

「定額自動入金」とは?

まず、定額自動入金の概要をまとめておきます。

住信SBI銀行のホームページから引用すると、

お客さまの他行口座から指定金額を引落し、自動的に当社口座へ入金いただけるサービスです。毎月一定額をATMや振込によって入金しているお客さまは、当社への入金が自動化できますので便利です。
手数料は無料、ご入金は1万円以上1千円単位で設定可能です。

とのこと。要するに、月に1回、他行口座から指定した金額を引き落としして、それを自動的に住信SBIネット銀行の口座に入金してくれるというもの。

たとえば、三井住友銀行の自分の口座から毎月5万円を定額自動入金の設定をしておくと、毎月決まった日に三井住友銀行から5万円を引き落として住信SBIネット銀行に振り込んでくれるってことですね。

ただ、月に1回といっても自由に日を選べるわけではありません。

  • 他行口座からの引落日は、毎月5日または27日のどちらかを選択ください。
  • 当社代表口座への入金日は、原則、引落日の4営業日後となります。 (通常、午前中に入金されます。)

他行口座からの引き落としは、毎月5日か27日の2択です。そして、住信SBIネット銀行への入金は、4営業日後になります。営業日というのは、早い話が「平日」のことですね。ですので、土日を挟むと4日以上かかることになります。

手数料無料でやってくれるというのがうれしいですね。

定額自動入金の使い方

では、具体的に定額自動入金をどのように利用するとよいのでしょう。

考えられるのは、給料の振込口座が住信SBIネット銀行以外という場合です。

多くのネット銀行がそうですが、ネット銀行ですとATMの利用が月に何回か手数料無料ということがあります。住信SBIネット銀行も、口座の残高などに応じて、月に何回かまではATMの利用手数料や、他行への振り込み手数料が無料になります。

 
ATMご利用手数料
無料回数 お引出し
振込手数料
無料回数 他の金融機関あて

ランク4

15
15

ランク3

7
7

ランク2

5
3

ランク1

2
1

口座残高が、300万円以上あると「ランク3」になることができます。ATM手数料が無料ですから、ATMでの引き出しはネット銀行でしたいという方も多いと思います。

ただ、会社の都合で給料の振込先をネット銀行にできないという場合もあると思います。その場合は、「定額自動入金」を使って、給料振り込み口座から毎月定額(生活費相当)を住信SBIネット銀行に移せば、手数料無料でATMが使えるようになりますね。

スポンサードサーチ

大きな金額の移動でも大丈夫

また、定額自動入金には上限額がありません。1000円単位で金額を設定できますので、数十万円でも、数百万円単位でも設定することができます。「毎月」ではなく、1回限りの定額自動入金とすれば、メインバンクの移動としても使えます。

私も、それまで給料振り込み用にしていた他行から住信SBI銀行へ数百万円単位で移動させました。もちろん、移動が終わったあとは、定額自動入金の設定を解除しました。

注意点をいくつか

とても便利な定額自動入金ですが、注意点もあります。

まずは、引き落としの日が選べないこと。毎月5日か27日のどちらかです。最初の設定では、適用が間に合う最短の日(5日or27日)になりますので、すぐに利用できるわけではありません。スケジュールを確認しましょう。

また、引き落としから入金までタイムラグがあるということにも注意が必要です。その間は、お金が”消えて”しまいます。もちろん、帳簿上で見えなくなっているということですが。

大きな金額を動かすのが不安という方は、まずは小額で定額自動入金を試してみて、問題なく引き落とし→入金ができれば、金額設定を変更するとよいと思います。

とても便利な機能なので、是非使ってみてください。

お金の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~