労働は日本人にとって「美徳」なのか?

仕事論

先日、テレビの討論番組を見ておりました。

内容は、日本の将来について。特に、少子高齢化の進む日本はどうなるのかというもの。

その中では、現在の高齢者の定義(65歳以上)を見直し、例えば75歳以上にすれば、労働人口をある程度維持できるとか言ってました。要するに、「一生働け」ということです(私はまっぴらごめんですが)。

こういう議論はよくありますし、最近「人生100年時代」などと調子のいいことを言って、そういう方向へ誘導しているので、取り立てて珍しいこともない。

そんな中、あるコメンテーターの意見が気になりました。

いわく、「昔から日本人は、労働を美徳と考えてきたので、ずっと働くこともなんらおかしくない」とのこと。本当でしょうか?

スポンサードサーチ

宗教の問題?

「日本人」と限定したのは、欧米人との対比です。いわく、欧米では労働を「苦役」と考えている。これは、キリスト教的な発想であると。キリスト教及びその母体となったユダヤ教では、アダムとイブが「禁断の果実」を食べたために楽園を追放され、苦役を背負わされることになったということでしょう。

「セミリタイア」はサラリーマンにとって禁断の果実か
「セミリタイア」を意識すればするほど、ますます「会社に行きたくない」という思いが増幅してくるのです。会社を辞めたあとの生活を想像したり、セミリタイアまでかかる時間を考えると、この苦行から早く解放されたいという思いが日に日に増していって、こころがしんどくなる。

だから、欧米では早いことお金を貯めこんで、早くリタイアすることを理想としている(まさに、セミリタイア!)

一方の日本人は、「仕事があってありがたい」とか、「仕事を通じて人間として成長する」とか、「人の役に立つことが喜び」とか言って、「労働」=「美徳」という感覚があるのだそう。

だから、「体が動く限り働きたい」というのは自然なことなんですって。

これが本当だとすれば、「セミリタイア」を目指すことは、人倫に反する行為ということなのでしょうか。

ウソばっかり!

日本人は世界一自分の会社を嫌っている

以前にも書きましたが、日本のサラリーマンは世界一自分の会社を嫌っています。

日本のサラリーマンは世界で一番会社を嫌っている
セミリタイアしたいという人はマイノリティかもしれませんが、会社がキライという人は実はかなりいるとのこと。そして、「日本」のサラリーマンは世界でいちばん会社がキライなんだって。

つまるところ、日本のサラリーマンは世界でいちばん会社が嫌いであるが、世界でもトップレベルの長時間労働をしていて、それにも関わらず世界(先進国)でいちばん労働生産性が低いということになります。

どこが、「労働」=「美徳」なのでしょう。みんな、会社を辞めたくてしょうがないのです。イヤイヤ働いている光景が目に浮かぶようです。

では、なぜ「労働」=「美徳」などというものが、言われるのでしょう。それは、そういう価値観が「建前」として定着しているからだと思います。

これは会社にとってとても都合がいい。長い時間をかけてそういう価値観を醸成してきたのでしょう。だからこそ、根が深いのだと思います。

スポンサードサーチ

世間のことは気にしないこと

世間一般では、やはり「まともに働かない」というのはまだまだ受け入れられないようですね。

確かに、欧米で「セミリタイア」とか「ファイアムーブメント」が起こるというのは、宗教(キリスト教)的価値観の影響は確かにあるかもしれません。そういう意味で、私は欧米人に近いのでしょうか?(キリスト教徒ではありませんが)

でも、宗教に関係なく、「労働」=「苦役」というほうが自然な気はするんですけどね。みんな、こころの中では思っていても、「言ってはいけない」とされている。

結局は、自分のしたいようにしたもの勝ちではないでしょうか。世間一般のことなど気にしないことですね。

世間の目を気にし過ぎると何もできなくなります。

セミリタイアで世間体を気にする必要がない理由
セミリタイアを考えるときに、多くの方が「世間体」というものを気にするのではないでしょうか。しかし、本当に「世間体」を気にする必要があるのでしょうか。そもそも「世間」ってなんなんでしょうか?
仕事論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~