【マイナポータル】10万円給付申請のためにスマホでのログイン手順を紹介します

税・年金・社会保障

新型コロナウイルスに対する生活支援として、一律10万円が配られることになりました。

当初は、条件を設けて30万円の給付という案で進んでいたようですが、結局全員一律10万円になりましたね。

ドタバタもさることながら、諸外国に比べても「遅い」という印象はぬぐえず、日本国政府は大丈夫なんだろうかと心配になってしまう。

とはいえ、10万円いただけるならありがたく頂戴しようということなのですが、申請は「郵送」か「マイナンバーを使ったオンライン」の2つの方法があります。

オンラインの方が早く支給されるのかはわかりませんが、せっかくなので今回はオンラインを使って見たいと思っています。

その事前準備として「マイナポータル」に初めてログインしてみました。

10万円のオンライン申請は「マイナポータル」から行う

スポンサードサーチ

マイナンバーカードが必要です

まず、大前提として「マイナンバーカード」を取得している必要があります。

これは、「通知カード」とは違うので注意が必要です。マイナンバー導入時に全員に「通知カード」という自分の番号を教えてくれるはがきが来たと思いますが、それではマイナポータルにはログインできません。

市区町村で、電子情報が入った「マイナンバーカード」を発行してもらう必要があります。これは顔写真が入ったもので、身分証明書としても使えるものなので、市区町村の窓口で本人確認を受けないと取得できないのです。

マイナンバーカードをもっていない方は、今回は「郵送」による申請をされたほうがいいのではないでしょうか。

市区町村から申請書が送られてくるらしいので。

ニュースによると、マイナンバーカードを取得しようとして役所が「三密」になるという本末転倒な事態になっているところもあるらしい。

オンラインで申請するには「マイナンバーカード」の取得が必要です

スマホを使ってログインするのが簡単

それでマイナポータルですが、これは自分の情報を確認することができるサイトです。

ログインすれば、住民票の情報や税金関係(所得額や納税額)などを確認することができます。

ログイン方法の種類

それで、ログインの方法ですが、大きく2通りあります。

パソコンを使ったログイン
スマホを使ったログイン

簡単なのはスマホを使ったログインです。

パソコンの場合は「ICカードリーダライタ」という読みとり専用の付属品が必要とのこと。そんなもの持っている人って、どれくらいいるんだろう?

なので、スマホを使う方法が一般的だと思います。

この場合もカードの読み取りに対応した機種である必要があります。

マイナポータルAPに対応しているスマートフォン

いわゆる「NFC」という機能がついているスマホであれば大丈夫なようです。自分のスマホに「NFC」というアイコンがあるかチェックしてみましょう。

ログインの手順

スマホを使ったログインの方法ですが、以外と簡単です。

1.スマホに専用のアプリをダウンロード(マイポータルAP)

カバーアート

2.「マイナポータルにログイン」をタップ

3.パスワードの入力

4.マイナンバーカードをスマホにかざして読みとる

パスワードは4ケタの数字で、市区町村の窓口で発行したときに登録したものです。

スマホでの読みとりがうまくいけば、マイポータルにログインできます。

スポンサードサーチ

ログインできない場合がある?

まれにスマホで読み込みをしてもログインできない場合があるようです。

私も最初にしたときに、以下のようなメッセージが出ました。

電子証明書の検証に失敗しました。お住まいの市区町村の窓口で電子証明書を更新してください。(El123-2303)-(MPA-lS-l05)

電子証明書の期限は有効にも関わらず、です。

調べてみると「よくある質問」に該当するものがありました。

【マイナンバーカードの読み取り時に、電子証明書の有効期限が切れていないにも関わらず次のエラーメッセージが表示されます。」 

回答によると、

電子証明書の有効期限が切れていないにも関わらずこのエラーが表示される事象が確認されており、現在原因調査を行っております。ご不便をおかけしますが、今しばらくお待ちください。

※なお、エラーメッセージ表示後、10分ほど経過後にアクセスすると解消する可能性があります。

ということで、10分くらい経ってからもう一度トライしてみると、無事にログインできました。

うーん、なんだったんでしょう。ナゾです・・・

申請可能になったらオンラインで申請しよう

ということで、今回はマイナポータルに初めてログインしてみました。マイナンバーカードを取得したものの、まったく使う機会がありませんでしたが、今回ついに出番がやってきました。

ログインするのは、思ったよりも簡単でした。

オンラインで申請した方が、郵送で送り返すよりも10万円の支給が速くなるのかは分かりません。

イメージ的には、速いとは思うのですが・・・そうでないと、オンラインのメリットがありませんからね。

支給の受付時期は自治体によって違うようですから、気長に待つことにします。10万円もらったら何に使おうかな。まあ、結局投資資金に回ることになると思いますが・・・

税・年金・社会保障
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~