無駄遣いを防ぐためのお金の考え方を身につけよう!

お金の考え方

セミリタイアを目指しているティベリウスです。

セミリタイアを目指す取組みは、①資産運用、②節約、③ブログ運営の3本柱としています。

この3つの中で、もっとも確実に結果を出すことができるのが、②節約です。資産運用も不確実ですし、ブログ運営に至ってはまだまだ始めたばかりです。

つまり、お金を使わなければいいだけですからね。とはいえ、ついついこれくらいならいいかと気が緩みがちです。

そこで、今回は節約をする、つまりお金の無駄遣いをしないためのお金の考え方をご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

無駄遣いを防ぐ一月1000円の価値の考え方とは?

お金の無駄遣いを防ぐための最もいい方法は、お金の価値を正確に把握することだと思います。

お金を使うときに、対価としてその価値はあるのかを考えれば、ムダに使うことはなくなるはずです。

そこで、一月1000円の価値を考えてみたいと思います。一月1000円ということは、1年で1万2000円です。

もし、年1万2000円の株の配当金を得ようと思えば、利回り3%とすれば40万円分の株式を保有する必要があります。(40万円×3%=1万2000円)

どうでしょうか。月1000円なんて大したことない金額のように思えますが、その分の配当金(不労所得)を得ようと思えば40万円も必要なのです。

今日の1万円は10年後にいくら?

また、こんな考え方はどうでしょうか。

もし、今日持っている1万円を株式や投資信託に変えて保有してみましょう。株式の想定利回りを5%として計算してみます。

すると、10年後には約1万6000円になります(複利計算)

つまり、今日1万円を使うということは、10年後の1万6000円を使っていることになるのです。

お金とはつまり利回りです。1年後の1万円は、今日の価値は約9500円です(利回り5%の場合)。つまり9500円を5%利回りで運用すると1年後に1万円になるというわけ。未来のお金を現在の価値に換算するには、利回りで割ればいいということですね。

そう考えると、今お金を使ってしまうのがもったいなく感じてしまいせんか。

スポンサードサーチ

それがないと生きていけないか?

とはいえ、ここまでは数字のお話でした。理屈は分かるけど、人間というものは感情をもった生き物です。

理屈よりも感情で行動してしまうというのは、人間の性(さが)ですね。

そこで、できるだけ感情に流されないで無駄遣いしないための考え方をご紹介したいと思います。

それは何かを買おうか迷ったときは「それがないと生きていけないか?」を考えることです。

こう考えてしまうとこの世のほとんどのものはなくても困るものではありません。あれば便利ですが、なくてもそれなりにやっていけるというものがほとんどではないでしょうか。

「お前はそれがないと、生きていけないか?いや、そうでもない」と自問自答を繰り返していけば、自然と無駄遣いしなくなります。

ブランドものの服やカバンなどは言うまでもなく、100円ショップの商品だってなければ絶対に困るというものはそれほどないはず。

あとは、買おうかどうか迷った時はその場では買わずに一旦家に帰るというのも効果的です。その場の感情でノリで買ってしまって後悔するなんてこともよくあります。

人間というものは、考えれば考えるほど慎重な結論を選ぶようになります。時間をあけて冷静に考えるというのはおススメです。

本当に価値あるものにお金を使おう

ここまで、お金の無駄遣いを防ぐための考え方を紹介してきましたが、何にもお金を使うなということではありません。

使うことに価値があると思うものには積極的に使えばいいと思います。あくまで、「ムダ」に使いたくないということ。

せっかくイヤな思いをして会社に行って稼いだお金ですから、本当に価値のあるもの、絶対に必要なものにしか使いたくないのです。

私は、お金を貯めて「自由」を買いたいと思っています。つまり、それこそがセミリタイアということです。

お金を貯めて「自由」を買い戻そう!
古代ローマには、自分で自由を買い戻した奴隷がいました。それが、解放奴隷です。セミリタイアとは、現代の「解放奴隷」になることではないかと思っています。

お金を何に使うかを決めるのは、お金の持ち主である自分自身です。何に価値があるかをしっかり考えてお金を使いたいと思います。

こんな記事も書いています。「お金を使わないと意味がない」という意見がありますが、本当でしょうか。

 

お金の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~