【2019年まとめ】セミリタイアに向けた取組状況

セミリタイア計画

2019年もいよいよ終わりですね。

今年は、セミリタイアに向けた取組の2年目となりました。1年目の昨年は、それまでしたことのなかったことに多数取り組み、手探りの感じがありましたが、今年は昨年始めたことを定着させていくことがメインになったように思います。

かのローマ帝国も、初代皇帝アウグストゥスが始めた数々の施策を、2代目皇帝のティベリウスが盤石のものとしました。その甲斐あって、ローマ帝国は少々のことではビクともしない歴史上稀に見る帝国となったのです。

「セミリタイアは1日してはならず」です。

始めたことを始めただけに終わらせず、地道に継続し、メンテナンスを行い、時に新しい試みも交えながら進んでいくしかありません。

スポンサードサーチ

①資産運用関係

資産運用関係については、昨年から引き続き粛々と積み立てを続けています。

昨年は、年末にそれなりに大きな下落がありましたが、今年は結果的にかなり上昇しました。昨年あたりから投資している人は、含み益が出ているの人が多いのではないかと思います。

(1)つみたてNISA

つみたてNISAも2年目を終えました。2年で合計80万円を積み立て、現在約10万円のプラスとなっています。まずまずではないかと思います。

【2019年12月】つみたてNISAの運用状況
2018年から始まったつみたてNISAの制度ですが、2年目である2019年もまもなく終わりが近づいてきました。2019年分の投資枠もしっかりと使いきりました。以前にも述べた通り、2018年はSBI証券で、2019年は楽天証券で口座を開設しています。

(2)個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)

イデコについても、つみたてNISA同様にプラスとなっています。2年間でおよそ19万円投資し、2万円ほどの含み益が出ています。

こちらは、少なくとも60歳以降の資産となるべきものですから、今の段階であまり損益を気にしても仕方がありませんが、悪い気はしないですね。

【2019年12月】iDeCoの運用状況
私は、昨年2018年からiDeCO(イデコ)を利用しています。厳密に言うと、年の途中(7月)からやっています。掛金は月に1万円で、給料から天引きの形で拠出しています。2019年は12ヵ月すべて毎月拠出した年になりました。現在の運用状況をまとめておきたいと思います。

(3)HDVの積み立て

昨年はスポット的に買い付けしていましたが、SBI証券で買い付け最低手数料が撤廃されたことを受けて、ETFの定期買い付け制度を利用して、買い付けを自動化しました。

SBI証券の米国株・ETF定期買付サービスが使いやすくなました
投資信託では、定期買付・積立の仕組みは一般的ですが、現在のところ、米国株・ETFの定期買付の仕組みがあるのはSBI証券だけです。特にETFを投資信託のように定期買付で、積み立てていけるのはとても便利だと思います。

目的は、もちろん配当金です。セミリタイア後の生活で定期的にキャッシュが入ってくるのはなかなかの魅力です。

まだまだ額は小さいですが、こちらも積み立てを継続します。

年100万円の配当金を得るにはいくら必要なのか?
私も、配当金狙いで「HDV」という海外ETFに投資していますが、まだまだまとまった金額の配当金を受け取るにはほど遠い状況です。1つの目安として年間100万円の配当金があれば、心強いなあと最近考えています。

(4)IPO投資

昨年から取り組んでいるIPO投資。昨年は、応募を始めてすぐになかなかいい銘柄が当選して税引き後で16万円ほどの利益が出ましたが、今年の当選は1件のみ。

【IPO】2019年の初当選はダイコー通産でした!
1月の末くらいからIPOのラッシュが続いていて、落選、落選と続いていましたが、めげずに申込をしていたのがよかったかなと思います。ただ、銘柄的にはあまり期待できなさそうな感じらしい。

2019年の初当選が、2019年の最後の当選になるという・・・

まあ、宝くじくらいの気持ちで応募を続けているので、当たればラッキーくらいですね。来年もコツコツ応募を続けたいと思います。

(5)株主優待のクロス取引 ← NEW

これは今年から始めた新たな取り組み。手数料相当だけで、株主優待をGETするというものです。

9月株主優待のクロス取引に挑戦してみます!
売買の手数料の負担だけで株主優待の権利を獲得できる「クロス取引」なるものの存在を知り、試しにやってみることにしました。狙うのは日本管財と前沢化成です。

今年は実験的に本当にできるのかどうか、手間はどんな感じなのか、手数料がどれくらいかかるものなのか、といったことを確認する意味合いが大きかったです。

だいたい、感じがつかめたので、来年からは本格的にどんどんやってみたいと思います。最近は目ぼしいものをリストアップしています。

②節約・ポイント生活関係

(1)格安スマホ「マイネオ」

これは昨年から引き続きですね。月の料金は、1,961円で安定しています
(消費増税であがったけど)。

現代生活では必須と言えるスマホですので、これを格安スマホにしない人が不思議でしかたがありません。

【節約】格安スマホ「マイネオ」をおすすめする5つのメリット
私がちょうど1年前から使い始めた格安スマホ「マイネオ」をおすすめしたい理由を書いていきたいと思います。

(2)楽天ポイントを貯める

あらゆるサービスを楽天グループでまとめることで、効率的にポイントを貯めることができます。

今年は、特にスマホ決済である「楽天ペイ」を使う機会が増えました。消費増税対策のキャッシュレス還元で5%分のポイントをくれるキャンペーンがありましたからね。

【全店舗5%還元】楽天ペイで消費増税還元キャンペーン実施!
楽天ペイが消費増税にあわせてキャンペーンを開始するようです。還元制度の対象かどうかに関わらず、楽天が補填して必ず5%還元にするというお得なキャンペーンのようです。

貯めたポイントは、楽天証券で投資信託の買い付けに利用します。もらったポイントを運用してさらに増やすという試みです。

楽天ポイントだけで投資信託を積立て!1年運用してみた結果
楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投資信託を買い付けできるサービスを展開しており、私も利用しています。楽天ポイントを使った買い付けをして、おおよそ1年が経ったので運用状況を報告したいと思います。

7月の時点では、+1,281円(+3.44%)でしたが、12月30日現在では+5,600円(11.72%)になっています。

(3)ふるさと納税

これも昨年から引き続きです。今年は、話題となった大阪府泉佐野市へふるさと納税をしました。

返礼品に加えて、5,000円分のアマゾンギフト券もゲットできたので、大成功でしょう。

とはいえ、泉佐野市はふるさと納税の対象から除外されてしまったので、来年はどこにしようかな。

【ふるさと納税】泉佐野市からAmazonギフト券5,000円をもらいました!
「100億円還元キャンペーン」ということで大々的に宣伝していたことで話題に。私も、泉佐野市に5万円分のふるさと納税をしましたので、10%にあたる5,000円分のAmazonギフト券がもらえたわけです。

スポンサードサーチ

③ブログ運営

ブログ運営は無事に1周年を経過して2年目に突入しました。

アドセンスの「関連コンテンツ」が解放されるなど一定の前進がありましたし、何より初めての収益の振り込みが実現しました。

取るに足らないような金額ではありますが、私にとっては大きな一歩です。

グーグルアドセンスから初の振り込みとなりました!
グーグルアドセンスでは、最低支払い額が8,000円となっていますので、累積でこの金額を超えるまでは支払いはありません。先月、やっと8,000円を超えましたので初の振り込みがあった次第です。ちょっとした感動です。

とはいえ、最近はPV数も頭打ちで、収益も悪い意味で安定してしまっています。なんとか月のサーバー代程度はカバーできていますが、それ以上の上積みは期待できなさそうだと思い始めました。

ブログで本当に収益を上げたいのであれば、専用の別ブログを立ち上げたほうがいいのかもしれません。時間はかかっても、もうちょっと稼げるブログを作ろうか思案中です。

セミリタイア計画3年目へ!

今年は、まずまずの成果を得られたと思います。

特に資産運用関係では、相場に恵まれたこともあり、計画で目標とした資産総額を+50万円ほど上回ることができました。

最近は、配当金に魅力を感じ始めていて、配当金目的のHDVの積み立て金額の引き上げや、配当利回りの高い個別株にも挑戦してみたいと思っています。

相場が高値になっているので、今後下がるような場面があれば、買い付けできるように準備しておきたいと思います。

また、ブログももう少しPVや収益が上がるといいなという欲も出てきたので、別ブログの立ちあげも検討してみたいと思います。とはいえ、何についてのブログにするかアイデアがあるわけではありませんが・・・

「すべての道はセミリタイアに通ず」の精神で、計画3年目も邁進していきたいと思います。

すべての道はセミリタイアに通ず
セミリタイア計画とはいわばセミリタイアを達成し、継続するための「システム」を作ることなのではないかと思うのです。つまり「インフラ」をつくるということ。
セミリタイア計画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~