真っ白なスケジュール帳こそ最高だと思う

人生哲学

私のスケジュール帳は、真っ白です。真っ白ならば、そもそもスケジュール帳を持つ必要もないのですが、一応持っている(これでもちゃんとしたサラリーマンなのです!)

前は、ちょこちょこ書きこんでいた時期もありましたが、辞めました。仕事上のスケジュールなどは、会社に置いてある卓上カレンダーに書き込んでいます。

仕事のことは職場で確認できれば、これで十分です。会社以外で仕事のことなど考えたくもないというのが、理由です。

これは、プライベートでも同じ。基本的に休みの日には予定を入れないのが私流です。

スポンサードサーチ

「~しなければならない」という地獄

世の中には、何か予定がないと落ち着かないという人がいますね。私はまったくの逆。何か予定があると、そわそわして落ち着かない。何も予定がないほうが、とても気が楽なのです。

これは、「~しなければならない」というのがキライなんですね。なんだか自由が奪われている感じがする。

会社がキライなのは、それもあるでしょう。「○○時までに出社しなければならない」「○○日までに資料を作らなければならない」「○○に電話しなければならない」・・・

なんと、数えきれない「~しなければならない」があることでしょう!1つずつこなしていかなければなりませんが、これが精神的に疲れる。つくづく、仕事に向いていないと思います。

これは、プライベートでも同じ。だから、休日にはまったく予定がありません。のんびり時間を過ごすだけ。好きな時間に起床して、好きな時間に本を読み、好きな時間に散歩に出かける。なんと、気が楽なことか。

だから、絶対に休日に人と会うことはありません。仮に、そんな予定が入ると憂鬱でしかたがない。その予定に合わせて、その前の行動も規制されてしまうからです。

だから、真っ白なスケジュール帳を見ると安心するのです。

たぶん、すごくセミリタイアに向いている

こんな感じなので、すごくセミリタイアに向いているように思います。こんなですから、ほとんどお金を使うこともありません。私にとっては、自分で自由に差配できる時間こそが最高の価値があるのです。

たぶん、スケジュール帳を埋めないと落ちつかないという人は、セミリタイアには不向きでしょう。そういう人は、「まっとうな」人生を歩んだほうがいいでしょう。

スケジュールが真っ白ということは、すべての時間が私だけのものだということなのですから、真っ白なスケジュール帳、サイコー!

セミリタイアに向いている性格は、こんな人だと思います。

セミリタイアに向いているのはどんな性格の人?
人には、「向き・不向き」というものがあります。どんな生き方(スタイル)を選ぶかは、その人の性格や思想を如実に反映したものとならざるを得ないのです。そんな中で、「セミリタイア」という生き方を選ぶ人はどんな性格の人が向いているのでしょうか。