ローマのホテル(パラティーノ)宿泊体験記

イタリア旅行

トラピックスのイタリア8日間ツアーで宿泊したローマのホテルです。

利用したホテルは、「パラティーノ」。

個人的には、5点満点中5点です。
トラピックスのイタリアツアーでは、フィレンツェから移動して、午前中にチヴィタ・バニョーレッジョを観光したあと、午後にローマの観光をした日に宿泊することになります。

さらに、その翌日はローマでの1日自由行動(もしくは、オプショナルツアーでポンペイ・ナポリ観光)となり、そこでもう1泊することになります。

フィレンツェに続いて、同じホテルに連泊になります。

スポンサードサーチ

ホテルの印象

ホテルの外観と内装など

ローマで利用したホテルは、コロッセオからほど近い場所にあります。歩いて15分ほどのところでしょうか。

ツアーでコロッセオを見学したあと、歩いてホテルへ移動しました。

これまでのホテルは、市の中心地からは離れた郊外に立地しているものばかりでしたが、ローマのホテルは街中にあります。街並みにまぎれている感じです。

関連画像

ホームページの写真なので、少しきれいに撮りすぎていますいますが、実際もまあまあきれいでした。写真左の道を突きあたりまでいって、左に曲がるとコロッセオが見えるようなところです。

部屋の様子

続いて部屋の様子です。

「ローマ パラティーノ ホテル」の画像検索結果

部屋の写真を撮るのを忘れたので、ホームぺージの写真から引用です。基本的には、こんな感じのこぎれいな部屋でした。

続いて、バスの様子です。

トイレが写っていませんが、これまでのホテルとほぼ同様のものです。もちろん、シャワートイレではありません。

バスは、やはりカーテンはついていなくて、ガラスの仕切りがあるタイプです。ここでは、奇跡的に(?)詮がうまく使うことができてちゃんと排水ができました。

部屋の設備・備品など

ここで簡単にホテルの設備をまとめておきます。

備品有無
ドライヤー
ポット
スリッパ×
Wi-Fi
パラティーノでは、うれしいことにポットが付いてました。ですので、今回のイタリアツアーで利用したホテルの中で、ポットがなかったのは、フィレンツェのホテルだけでした。

また、Wi-Fiについてはパスワードを入れるだけではなくて、メールアドレスを登録しないといけないのが少し面倒。

後日、ホテルから宣伝のメールが入りましたが、配信停止の手続き(メールに添付のURLをクリック)することでメールを止めることができました。

スポンサードサーチ

朝食のバイキング

このホテルでは、ローマに着いた日の夕食と翌日の朝食のバイキングでレストランを利用します。

夕食は、ステーキ(何肉?)とパスタがメインでした。

夕食でデザートとして、フルーツが出てきたのですがその出し方が大胆でした。

フルーツそのままがバスケットに盛られてドンと出てきます。リンゴやバナナ、オレンジ、キウイなどが丸ごとそのまま出てきますので、各自でナイフを使って皮をむいたり切ったりして食べることになります。

翌朝のバイキングは、種類がたくさんあって迷うくらいでした。種類が全然なかったフィレンツェとは大違いでした。

フルーツは前日に続いてたくさんありましたし、パン類やコーンフレークなども種類がありますので、ついつい食べ過ぎてしまいました。

連泊なので、最終日の朝もバイキングかと思いきや、そうはいきません。最終日、つまり日本へ帰る日の朝はとても早く、朝の5時にロビーに集合です。というのが飛行機の出発時間がとても速いのです。

あたりは、まだ真っ暗なくらいですから、バイキングもまだ始まっていません。ですので、前日の夜に軽食のセットをもらいました。中身は、ビスケット、ジャム、ジュース、そしてやはり果物のなし1個(!)。このホテルは、果物を丸ごと出すのが好きなんでしょうか。

これを食べて空港へ出発するというわけです。

評価:5点満点中5点

イタリアツアー最後に利用したホテルは、5点満点中4点です。

ホテルの設備や部屋については、特に不満点はありませんでした。レストランも夕食もおいしかったですし、朝のバイキングも満足できるレベルでした。

そして何より、コロッセオに近いという立地のよさ。私は、オプショナルツアーを選択せず、ローマ市内観光を選択しましたので、行きたかったコロッセオにすぐ行けるというのはとてもよかったです。

また、お土産を置きに帰れるのも便利でした。

というわけで、5点を付けました。

ホテル一覧はこちら↓

【まとめ】トラピックスイタリアツアーのホテル宿泊記一覧
各ホテルの宿泊記を書くと同時に、私の独断と偏見で点数をつけてみました。また、各ホテルの設備について(wi-fiが使えるかとか)もまとめています。トラピックスの用意するホテルがどんな感じか、雰囲気を感じていただければ幸いです。