フィレンツェのホテル(ニルホテル)宿泊体験記

イタリア旅行

トラピックスのイタリア8日間ツアーで宿泊したフィレンツェのホテルです。

利用したホテルは、「ニルホテル」。

個人的には、5点満点中2点です。
イタリア8日間ツアーでは、ヴェネツィアを観光したあと、夕方にフィレンツェに到着して宿泊したホテルです。

翌日は、午前中にフィレンツェ市内を観光。午後からはオプショナルツアーのピサ観光に行き、フィレンツェに戻ってきて同じホテルにもう一泊します。

連泊になるので、スーツケースは部屋に置いたままでOKです。同じホテルなのは楽でいいですね。このツアーでは、次のローマのホテルも連泊が用意されています。ローマのホテルについては、次の記事でご紹介します。

スポンサードサーチ

ホテルの印象

ホテルの外観と内装など

ホテルは割ときれいな感じでした。(写真はホテルのHPから)

規模としては、そんなに大きなホテルではありません。少し大きめのビジネスホテルといったところだと思います。

部屋の様子

続いて部屋の様子です。

部屋は木目を基調とした感じの落ち着いた雰囲気の部屋でした。個人的には好みの雰囲気でした。

次に、バス・トイレ、洗面台です。

これまで、ミラノのホテル、ヴェネツィアのホテルに泊ってきましたが、どこのホテルもほぼ同じスタイルですね。

ちなみに、バスにはカーテンがついていません。日本のホテルだと、カーテンを浴槽の内側に入れて、外が水浸しにならないようにするのが一般的です。

では、イタリアではどうするか。写真を見ると分かるように浴槽の半分くらいをガラスの壁がついています。これがカーテンの代わりみたいなものですね。

ただ、半分しかありませんので、なんとなくシャワーを浴びてしまうと後ろ側が水浸しに・・・なんてことも考えられますので注意したほうがいいでしょう。

そして、イタリアのホテルでは定番の「風呂の詮」がうまく作動しない問題がここでも。一応、排水できるのですが、少し時間が経つと詰まってしまうのか、排水が止まってしまいます。

何度やっても途中で止まります。で、結局最後は、無理やり詮を抜いて排水しました。うーん、なにか「正しい」やり方があるんでしょうか。

部屋の設備・備品など

ここで簡単にホテルの設備をまとめておきます。

備品有無
ドライヤー
ポット×
スリッパ×
Wi-Fi
ここで注目すべきは、「ポット」がないこと。

ミラノやヴェネツィアのホテルでは、ポットがありましたので、お湯を沸かしてコーヒーを飲むことができましたが、ここではそれはできません。

添乗員さんによると、もし、どうしてもお湯が欲しければ、ホテルのレストランで「ボイルドウォータープリーズ」と言ってもらわないといけないそうです。

日本のホテルだとほぼ確実にポットがついていますが、海外だとそうでもないようですね。

スポンサードサーチ

レストランでの食事

このホテルでは、朝食のバイキングでレストランを利用します。(夕食は利用しません)

連泊しますので、朝食も2回いただくことになります。

ただ、ここのバイキングは正直イマイチでした。まず、なにより種類がありません。

パン、ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、ヨーグルトくらいしかありませんでした。サラダとかがなかったですね。ミラノやヴェネツィアのホテルのレストランに比べると貧相な感じは否めませんでした。

それが、2日連続なのでちょっと残念でしたね。朝食に多くを期待しているわけではありませんが、せっかくなのでもうちょっといいものでもよかったのでは?と思いました。

評価:5点満点中2点

個人的な評価は、少し厳し目の2点としました。ホテル全体や部屋についは、きれいでしたので宿泊は快適でした。

ただ、やはり残念だったのはポットがなかったこと。海外旅行では、水道水は「硬水」なので、ペットボトルの水や沸騰させた水を飲む必要があります。

ペットボトルの水は観光バスでも買えますが、そう頻繁に買うわけにもいきませんからホテルでは水を沸かしてコーヒーやティーパックのお茶を飲みたいと思っていたので、ポットがないのはちょっと痛かったです。

そして、朝食のバイキングが個人的にイマイチだったのが大きいですね。ただ、決してマズイというわけではありません(念の為)

ホテル一覧はこちら↓

【まとめ】トラピックスイタリアツアーのホテル宿泊記一覧
各ホテルの宿泊記を書くと同時に、私の独断と偏見で点数をつけてみました。また、各ホテルの設備について(wi-fiが使えるかとか)もまとめています。トラピックスの用意するホテルがどんな感じか、雰囲気を感じていただければ幸いです。
イタリア旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~