イデコ(iDeCo)でどれくらい節税できる?気になる節税額をシミュレーション

つみたてNISA・iDeCo

個人で年金の準備ができるということで、徐々に広まりつつあるイデコ。

特徴としては、運用益に税金がかからない非課税効果とともに、メリットとして挙げられるのが「節税効果」です。

イデコの拠出した金額は、全額が所得控除の対象となり「所得税」や「住民税」が軽減されます。会社員の場合は、12月の年末調整で還付金を受け取ることができます。

では、その節税効果とはいかほどなのか。シミュレーションしてみたいと思います。

スポンサードサーチ

拠出月額1万円の場合

まずは、私のケースでシミュレーションしてみましょう。楽天証券のHPでは、簡単にシミュレーションすることができます。

○年齢:28歳

○年収:400万円

○月額1万円

として、計算してみます。

すると、結果は・・・

32年間(60歳まで)の節税額は、576,000円

1年間の節税額は、18,000円

となりました。ほー、なるほど。年に12万円拠出して、18,000円リターンを得られるという感じでしょうか。

イデコは、拠出中に手数料が月額167円かかります(金融機関によります。私が利用している楽天証券の場合が167円なのです)。

月額167円ということは、年間で2,004円。ですので、差引で約16,000円というところでしょうか。それでも、12万円に対して、約13%のリターンと考えればなかなか大きいのではないでしょうか。これが、節税効果が魅力的と言われる理由なのでしょう。

金額を上げると・・・

それでは、されに拠出額を上げてみるとどうでしょう。

先ほどと同じ条件で、月額拠出額を「23,000円」としてみましょう。この金額は、会社員が拠出できる上限額です(勤め先の企業で企業年金のありなしなどで、上限額が変わります)

シミュレーションしてみると・・・

32年間(60歳まで)の節税額は、1,324,800円

1年間の節税額は、41,400円

となりました。すごいですね。年間の節税額が、4万円を超えています。年の拠出額が276,000円なので、手数料を差し引いても、約14%のリターンと考えることもできます。

スポンサードサーチ

早く始めるほど累計節税額は大きくなる

当然のことですが、イデコを早い年齢から始めるほど、累計の節税額は大きくなります。

先ほどの例であれば、月1万円でも32年間で約57万円、月2万3000円であれば130万円にもなります。

イデコは、拠出した段階で高いリターンが確約されている資産運用方法とも言えるかもしれませんね。

ただし、注意点もあります。

まず、60歳まで引き出すことができないということです。自分の資産であることには間違いないのですが、年金受取の60歳になるまでは引き出すことができません。「年金」として資産を作るわけですから、当然との言えます。その代わりとして、先ほどの節税効果が認められているのですね。なんでもかんでも、いいとこどりはできないようになっているのです。

ですので、そのあたりも考えて拠出額を決めることが大事です。それで、私も上限いっぱいではなく月1万円にしています。

もし、この資金拘束がどうしても気になるのであれば、イデコの代わりに「つみたてNISA」を利用することも検討に値するでしょう。

つみたてNISAとは?投資初心者におすすめな理由
人類で最初に月面に降り立った宇宙飛行士アームストロングの有名な言葉です。何事もまずは小さな一歩から始まるのは、宇宙開発でもなんでも同じです。投資もまずは、一歩を踏み出すことから始まります。

こちらも運用益が非課税になる制度ですが、残念ながらそれ以上の節税効果はありません。

注意点はあるイデコですが、節税効果という点では、それ相応の魅力があるのも確かです。こうした制度をうまく利用して資産形成をしていきたいですね。

↓早い年齢からイデコを始めることには是非があると思いますが、運用期間を考えれば20代でも始めることはありだと思います。

iDeCoを20代から始めることはありか?
運用期間が長くなればなるほど、資産運用には有利に働くため、できるだけ早い年齢から始めることがよいように思われます。一方で、年金という性格上、いくつかの制約もあるため、あまりに早く始めてしまってよいものかどうかという考えもあるでしょう。
つみたてNISA・iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~