【2020年4月】iDeCoの運用状況

つみたてNISA・iDeCo

今月のイデコの運用状況です。

先月は、「コロナショック」の直撃を受けましたが、それからはや1か月。どんどん株価が下がっていくのかと思いきや、けっこう回復しています。

ニューヨークダウ平均株価で言えば、2月の中旬に最高値となる約29,000ドルを記録したあと、3月23日に18,591ドルまで下落。

それが、4月29日には24,633まで回復しています。1ヵ月で6,000ドルくらい上がってます。

もちろん、最高値までの半分くらいですが、ここまで早く戻してくるのは意外でした。

果たしてこのまま上昇していくのか、それとも・・・

スポンサードサーチ

運用状況

それでは、2020年4月30日現在の運用状況です。2018年に7万円拠出、2019年はこれまでに12万円拠出しています。それから2020年で4万円拠出しています。

銘柄評価額損益(円)損益(%)
楽天全米(VTI)214,171円▲9,315円▲4.17%

だいぶマイナス幅が縮小しました。1ヵ月前は、約14%マイナスでしたから、1か月で約10%くらい回復したことになります。

参考までに以下が1か月前の状況です。

銘柄評価額損益(円)損益(%)
楽天全米(VTI)183,801円▲29,856円▲13.97%

30年後から振り返ってみれば・・・

私としては、数年単位の長期低迷を予想していたのですが、ここまで早く戻ってくるのは意外でした。

安値で仕込める期間が続くと思っていたので(もちろん、今の水準も数か月前に比べればまだまだ安い水準です)、ちょっと拍子抜けです。

とはいえ、どうなるかがわからないのが株式市場というもの。今後、2番底、3番底と呼ばれる展開が待っているかもしません。

でも、30年後くらいから見れば「誤差」の範囲内くらいの水準になっているんだろうなと思います。5年単位くらいのチャートで見ると、激しく波打っているように見えるでしょうが、30年単位くらいで振り返って見れば、大したもんではなくなっていると思います。たぶん。

インデックス投資とはそういうものであり、数か月単位で一喜一憂するものでありませんからね。

「株価暴落」という神様からの贈り物をありがたく受け取りましょう
実はこの「新型コロナショック」は「神様からの贈り物」なのではないかと思うのです。なぜ「暴落」が「神様からの贈り物」だと言えるのか?

セミリタイアしたあとも、イデコへの拠出は続けていく方針で計画しています。

セミリタイア後はiDeCo(イデコ)をどう活用すべきか?
イデコに拠出した分は60歳になるまで引き出すことができないのです。そこで、セミリタイア後も拠出を続けるか、あるいは拠出を辞めて運用だけ続けるか、それが問題となるのです。結論として、今のところセミリタイア後も拠出を続けようと考えています。
つみたてNISA・iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~