【2020年1月】iDeCoの運用状況

つみたてNISA・iDeCo

私は、2018年からiDeCO(イデコ)を利用しています。厳密に言うと、年の途中(7月)からやっています。

掛金は月に1万円で、給料から天引きの形で拠出しています。

2019年は12ヵ月すべて毎月拠出した年になりました。

2020年1月現在の運用状況をまとめておきたいと思います。

スポンサードサーチ

運用状況

それでは、2020年1月29日現在の運用状況です。2018年に7万円拠出、2019年はこれまでに12万円拠出しています。それから2020年で1万円拠出しています。

銘柄評価額損益(円)損益(%)
楽天全米(VTI)216,201円22,202円+11.44%

毎月1万円と設定していますが、手数料が差し引かれているので、厳密には1万円買い付けできているわけではありません。正確には9,833円になります。

まず開設当初に約2,800円、さらに毎月約170円ほどかかります。これらは、掛金の中から自動的に引かれて買い付けが行われます。

1カ月前の時点では、+12.22%でしたので、少し下がっていますね。

新型コロナウイルスの影響で世界的に株価が下落していますから致し方ありません。

まあ、そもそも少なくとも60歳まで運用することになります。私の場合はあと30年ほどありますから、気にしても仕方がありませんね。

今後も積み立てを続けます

イデコのデメリットとして、手数料がかかり続けるというということはありますが、拠出全額が所得控除となって所得税が少なくなることでカバーできます。

イデコ(iDeCo)でどれくらい節税できる?気になる節税額をシミュレーション
イデコの拠出した金額は、全額が所得控除の対象となり「所得税」や「住民税」が軽減されます。会社員の場合は、12月の年末調整で還付金を受け取ることができます。では、その節税効果とはいかほどなのか。

今後どうなるかは分かりませんが、少なくとも60歳までは運用することになりますから、目前の損益は気にせず続けていくことになります。

セミリタイアしたあとも、イデコへの拠出は続けていく方針で計画しています。

セミリタイア後はiDeCo(イデコ)をどう活用すべきか?
イデコに拠出した分は60歳になるまで引き出すことができないのです。そこで、セミリタイア後も拠出を続けるか、あるいは拠出を辞めて運用だけ続けるか、それが問題となるのです。結論として、今のところセミリタイア後も拠出を続けようと考えています。
つみたてNISA・iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~