【2019年11月】iDeCoの運用状況

つみたてNISA・iDeCo

私は、昨年2018年からiDeCO(イデコ)を利用しています。厳密に言うと、年の途中(7月)からやっています。

掛金は月に1万円で、給料から天引きの形で拠出しています。

運用期間が1年を超えてきましたので、このあたりで運用状況をまとめておきたいと思います。

スポンサードサーチ

購入している投資信託

イデコの口座は、楽天証券で開設しています。SBI証券とも迷いましたが、イデコを始めた当時は、SBI証券の商品ラインナップにやや物足りなさを感じたため、楽天証券に決めたものです。(その後、SBI証券でもセレクトプランができてラインナップが拡充)

【実録】楽天証券でiDeCo(イデコ)の申込から手続き完了までの時間
私が楽天証券でイデコを開設したときに、かかった時間などを教えます。手続きを開始してから初回の買い付けまで3カ月かかりました。

つみたてNISAも楽天でやっていますし、楽天でまとめておくと管理が便利です。

購入している投資信託ですが、楽天全米株式インデックスファンド(いわゆる楽天VTI)です。アメリカ・バンガード社のETFであるVTIに間接的に投資することができるという、人気の投資信託の一つですね。

これ1本でアメリカ企業のほとんどに投資することができるというもの。

金額が月に1万円(=年12万円)くらいですし、最低でも60歳までの30年あまり運用することになりますから、中途の上げ下げは気にせず、株式100%、しかもアメリカ100%という私からすればやや強気の内容にしています。

つみたてNISAも「eMaxis Slim S&P500」に100%投資していますし。なんだかんだ結局アメリカなんだよなーというのが、2年間投資をしてみた実感です。

運用状況

それでは、2019年11月16日現在の運用状況です。2018年に7万円拠出、2019年はこれまでに10万円拠出しています。

銘柄買付金額損益(円)損益(%)
楽天全米(VTI)164,512円12,674円+7.7%

買い付け金額が17万円になっていないのは、手数料が引かれているためです。まず開設当初に約2,800円、さらに毎月約170円ほどかかります。これらは、掛金の中から自動的に引かれて買い付けが行われます。

イデコのデメリットとして、こうした手数料がかかり続けるというということはありますが、拠出全額が所得控除となって所得税が少なくなることでカバーできます。

イデコ(iDeCo)でどれくらい節税できる?気になる節税額をシミュレーション
イデコの拠出した金額は、全額が所得控除の対象となり「所得税」や「住民税」が軽減されます。会社員の場合は、12月の年末調整で還付金を受け取ることができます。では、その節税効果とはいかほどなのか。

今のところ7.7%のプラスになっています。昨年末時点では、大きくマイナスになっていましたが、なんだかんだでプラスになっています。

今後どうなるかは分かりませんが、少なくとも60歳までは運用することになりますから、目前の損益は気にせず続けていくことになります。

セミリタイアしたあとも、イデコへの拠出は続けていく方針で計画しています。

セミリタイア後はiDeCo(イデコ)をどう活用すべきか?
イデコに拠出した分は60歳になるまで引き出すことができないのです。そこで、セミリタイア後も拠出を続けるか、あるいは拠出を辞めて運用だけ続けるか、それが問題となるのです。結論として、今のところセミリタイア後も拠出を続けようと考えています。
つみたてNISA・iDeCo
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~