最近気になる高配当株ETF(SPYD):HDVとの違いは?

海外ETF・配当金

私は、セミリタイアに向けた投資の一環として、HDVというETFの積立を行っています。

いわゆるアメリカの高配当株ETFで、配当利回りは3%超というものです。配当の高さが魅力的で、積立をしていって将来的にはまとまった配当金が定期的に入るようになればいいなあと思っています。

HDVは、アメリカの高配当な銘柄を集めたものです。主な構成銘柄は、以前に調べたとおりです。

HDV(高配当株ETF)の構成銘柄とその特徴とは?
海外ETFを買うとして、なぜHDVを選んだのか。それは、①名前の通り「高配当」であること、②構成銘柄が「ディフェンシブ」であること、③構成銘柄が少なく個別株に近い感覚で投資できること、です。

実は最近、高配当ということでは、HDVを上回るETFがあることを発見しました。どなたかのブログでたまたま見つけたのですが、今までなぜ気づかなかったのか不思議です。

それが、SPYDというETFなのですが、気になるので調べてみました。

スポンサードサーチ

SPYDの基本データ

まずは、SPYDの基本データです。

  • 設 定 日:2015年10月21日
  • インデックス:S&P500 高配当指数(S&P500 High Dividend Index)
  • 委 託 管 理 料 : 0.07%
  • 配 当 利 回 り : 約4.6%

設定されたのが2015年と比較的最近です。また、経費は0.07%と、HDVの0.08%と比べても遜色ありません。

ベンチマークとしているのが、S&P500の高配当指数となっているのが特徴でしょう。そして、利回りが直近では4.6%と、驚異の4%超えです。HDVも約3.6%と、ETFとしては十分な高い配当利回りですが、それを1%も上回るものがあったとは!

SPYDの構成銘柄

では、このような高配当になる銘柄はどのような構成になっているのでしょうか。

特徴としては、不動産セクターの比率が非常に高いことのようです。

SPYDのセクター別の割合は以下の通りです(2019年10月現在)

参考として、HDVの構成割合も載せておきます。

セクターSPYD割合HDV割合
不動産21.08%0.07%
一般消費財・サービス14.22%1.91%
公益事業12.82%8.67%
エネルギー10.88%21.26%
金融10.05%11.39%
情報技術10.04%10.12%
生活必需品8.38%14.45%
コミュニケーションサービス4.60%6.81%
素材3.33%0.67%
資本財・サービス2.45%8.94%
ヘルスケア2.14%15.29%

こうして見てみると、HDVとは構成セクターがまったく違うことがわかります。

SPYDで特に目立つのは、不動産の割合の高さです。HDVでは、ほとんど入っていません。不動産・REITにも投資できるのが、SPYDの特徴のようですね。

逆にHDVは、エネルギーやヘルスケアといったいわゆるディフェンシブと言われるセクターが多くなっています。

不動産・REITは、基本的に賃貸収益を上げる事業ですので、配当が高い傾向にあるということでしょうか。それに吊られてSPYDの配当も高くなっているのかもしれません。

スポンサードサーチ

配当だけ見れば魅力的だが・・・

SPYDは、なんといっても配当の高さがすごいです。4%を軽々と超えているのですから。配当金を重視するなら、うってつけのETFでしょう。

とはいえ、気になるには不動産セクターの高さです。全体の20%がこの不動産セクターになります。私のなかでの勝手なイメージですが、不動産ってバブルで急に伸びたりする一方で、バブルが弾けるとあっという間にしぼむ感じがあります。

不動産は、景気敏感株とディフェンシブ株の中間くらいとの情報を読んだことがあるような気がしますが、個人的にはかなり景気に敏感が気がします。

今は、アメリカの不動産業界は景気がいいのかもしれませんが、このあとどうなるかはわかりません。リーマンショックの発端もサブプライムローンとかいうものだったようですし。

ということで、今のところは様子見をしようと思います。

SBI証券でETFの積立がとても便利になったので、私も利用しています。

SBI証券の米国株・ETF定期買付サービスが使いやすくなました
投資信託では、定期買付・積立の仕組みは一般的ですが、現在のところ、米国株・ETFの定期買付の仕組みがあるのはSBI証券だけです。特にETFを投資信託のように定期買付で、積み立てていけるのはとても便利だと思います。