セミリタイアの考え方

セミリタイアの考え方

セミリタイアに向け「自分を虚しくする訓練」を積む

セミリタイアを目指すにあたって、私が必要だと思うことが「自分を虚しくする訓練」である。セミリタイアするためには、捨てなければならないことがあります。何かを得るためには、何かを捨てなければなりません。トレードオフと言ってもよい。
セミリタイアの考え方

あなたは今どこに?経済的自立の7つのレベルとは?

経済的自立に至るまでにどようようなステップを経ればよいのでしょう。「FIRE-最速で経済的自立を実現する方法」という本の中では、経済的自立のレベルを7段階で示されていました。
セミリタイアの考え方

早期退職、アーリーリタイア、セミリタイア、完全リタイア、FIREの違いは何?

「セミリタイア」と散々、このブログで書いていますが、よく似た意味合いの言葉として、早期退職、アーリーリタイア、完全リタイア、FIRE、などがあります。今更ながら、それぞれどういう違いがあるのかまとめておきたいと思います。
スポンサーリンク
セミリタイアの考え方

「セミリタイア」と「人生を半分降りる」の共通点と相違点

私はこれまで「セミリタイア」と「人生を半分降りる」をほぼ同義として扱ってきましたが、厳密に言えば、重なる分部はあるものの、まったく同じというわけではありません。そこで、今回はこれらの概念の共通点と差異について改めて考えてみたいと思います。
セミリタイアの考え方

20代からセミリタイアを目指すことのメリット・デメリット

「FIRE」ということで、世界的に早期退職を目指そうという若い人が増えているようですが、若いうちから早期退職を目指すことには、メリットとデメリットがあるのではないかと思います。そこで、今回は20代からセミリタイアを目指すことのメリット・デメリットを考えてみたいと思います。
セミリタイアの考え方

『EPISODE9:セミリタイアの夜明け』・・・を目指して

私のセミリタイア計画も、壮大なる(!)サーガであり、セミリタイアを達成したときが、きっと「セミリタイアの夜明け」になるはずです。物語の終焉であり、そして、また新たなる人生の始まりになるはずなのですから。
セミリタイアの考え方

セミリタイアという会社からの「脱獄」を成功させるために・・・

セミリタイアをするということ、あるいはそれを目指すということは、「行動的ペシミスト」そのものであるように思います。なぜなら、セミリタイアとは、会社からの「脱獄」にほかならないのですから。
セミリタイアの考え方

セミリタイアに必要な資質は次の5つである

「セミリタイアに求められる資質は次の5つである。知性。説得力。肉体上の耐久力。自己制御の能力。持続する意思。」
セミリタイアの考え方

いかにごまかして生きるかをごまかさずに考えたい

今回は、タイトルにあるように「いかにごまかして生きるかをごまかさずに」考えたいと思います。つまるところは、いかにごまかして生きるかということが、私にとってはセミリタイア、あるいはそれに向けた生き方ということなのですが。
セミリタイアの考え方

36歳でリタイアしたローマ皇帝ティベリウスへの憧れと共感

ティベリウスは36歳のときに公職から離れてリタイアしています。今で言う「アーリーリタイア」とでも言えるでしょう。0代半ばにして、すべてをほっぽり出してリタイアしてしまうあたり、なんだか親近感を感じます。
スポンサーリンク