参考となる事例・試算

参考となる事例・試算

セミリタイアで失われる経済的利益はどのくらいか?

ともかく、会社を辞めるのですから、その後の「お給料」というものがもらえなくなります。これがセミリタイアによる「経済的利益」と言ってもよいものです。では、セミリタイアによって失われる経済的利益はどれくらいなのでしょうか。
参考となる事例・試算

セミリタイアにいくら必要?30代・40代・50代の年代別必要額を逃げ切り計算機で試算

セミリタイア関係でやはり気になるのは、「結局いくらあればいいの?」ということです。今回は、30代・40代・50代でセミリタイアしようとすれば、いくら必要なのか試算してみたいと思います(独身の場合を想定しています)。
参考となる事例・試算

【事例検証】36歳公務員、貯蓄4000万円でセミリタイア可能か?

セミリタイアというワードでネット検索していると、セミリタイアしたい人がいろいろと相談している記事を見ることがあります。そんな中で見つけた事例がありましたので、自分なりに検証してみたいと思います。
参考となる事例・試算

セミリタイアに必要な資産の目安は5000万円だと考える理由

リアルにお金が足りるかどうかも重要ですが、同じくらい「精神的」な影響も考える必要があると思います。シミュレーションでは大丈夫と理解していても、「足りなくなるのでは」という不安につきまとわれるのは、精神衛生上よろしくありませんから。
参考となる事例・試算

35歳でセミリタイアするのに必要な資産額は3,600万円!?

そこで、「イフ(if)」ですが、残り14年を半分の7年に短縮できないかということを考えてみたいと思います。7年後ならば35歳。その年齢になれば、もういいんでないのと思うんです。
参考となる事例・試算

「早期リタイアできるといつ確信できた?」を読んだ感想

セミリタイアするとは言っても、難しいのはそのタイミングです。できれば早いこと会社を辞めることができるに越したことはありません。かといって、早すぎると退職後の生活を賄うだけの資産を作るには不十分かもしれないという不安が付きまといます。
参考となる事例・試算

セミリタイア後の生活費をシミュレーション、目安は年150万円

生活費の見積もりをキチンとしておかないと、大変なことになる可能性があります。そこでも目算が実際と大きく違っていると思ったよりも早く資産が枯渇してしまうなんてことになりかねません。今回は、セミリタイア後の生活費をシミュレーションしてみたいと思います。
参考となる事例・試算

【事例検証】29歳、貯金1600万。仕事が嫌になりセミリタイアしたい

29歳、貯金1600万円で今すぐセミリタイアは可能なのでしょうか。可能になるとすれば、どのような条件が必要なのでしょうか。
参考となる事例・試算

セミリタイアした後、何する?「経験者が明かす、5つの意外な変化」を読んで

早期リタイア、つまりセミリタイアも含まれると思いますが、それを達成した人たちに、一体何が起こったのか。その経験者にインタビューして分かった変化を5つ紹介しています。
参考となる事例・試算

誰でも30代でもできる?早期退職「FIRE」の実践者に聞いてみたを読んで

FIRE Movement(ファイア・ムーブメント)とは、アメリカ発祥の運動で、経済的に独立し、早期リタイアしようとする運動とのこと。おぉ、まさにセミリタイア!