セミリタイア計画

セミリタイア計画セミリタイア計画
セミリタイア計画

公的年金をセミリタイア計画に組み込むべきか?

公的年金をセミリタイア計画に取り込む際に難しいのは、「公的年金がどれくらいアテになるのか」ということ。周知のとおり、少子高齢化の状況下では公的年金制度の持続性が危ぶまれています。「老後2000万円問題」も記憶に新しいところです。
セミリタイア計画

セミリタイアした後はいろいろな場所を旅してみたい

私が考えているのが「旅」をするということです。日本国内はもちろんのこと、予算が許す限りは海外にも行ってみたいですね。家と職場を往復する生活からオサラバしたのですから、どこか遠くに足を延ばして、いろいろなところを自分の足で歩き、見てみたいと思うのです。
セミリタイア計画

【2019年まとめ】セミリタイアに向けた取組状況

2019年もいよいよ終わりですね。今年は、セミリタイアに向けた取組の2年目となりました。1年目の昨年は、それまでしたことのなかったことに多数取り組み、手探りの感じがありましたが、今年は昨年始めたことを定着させていくことがメインになったように思います。
スポンサーリンク
セミリタイア計画

親の介護費用をセミリタイア計画に想定しておくべきか

今のところ両親は健康ですが、いつ何があるか分かりません。介護が必要な状態になる可能性は誰にでもあります。親の介護費用を想定に入れるかどうかは、非常に大きな問題ではないかと思うので、考えてみたいと思います。
セミリタイア計画

すべての道はセミリタイアに通ず

セミリタイア計画とはいわばセミリタイアを達成し、継続するための「システム」を作ることなのではないかと思うのです。つまり「インフラ」をつくるということ。
セミリタイア計画

セミリタイア計画は「宇宙戦艦ヤマト」のように極秘裏に進めるべし!

会社の同僚や上司などは言うまでもなく、家族にも知られていません。そう、このセミリタイア計画は誰にも知られることなく進められているのです。あたかも、「宇宙戦艦ヤマト」が極秘裏に建造されていたように・・・
セミリタイア計画

セミリタイアした後、移住するならどこがいい?~水道代編

移住するとしたらどこがいいのでしょうか。今回、水道代に焦点をあてる理由ですが、どこに住もうが水がないと生活できないにも関わらず、その水道代が地域によって大きな違いがあるらしいのです。
セミリタイア計画

【今すぐ】セミリタイアを思い立ったら始めるべき3つのこと

セミリタイアしたいと思ったら何から始めたらよいのでしょうか。「支出を抑える」「運用で増やす」「収入を得る」この3点から考えてみるとおのずと結論に至るはずです。
セミリタイア計画

【まとめ】セミリタイアに向けて始めた9つのこと

2018年もいよいよ終わろうとしています。今年は、私の人生において、とても重要な年になったのではないかと思います。それは、セミリタイアという目標に向けた15ヶ年計画の「元年」となったからです。
セミリタイア計画

私が20代からセミリタイアを計画した理由

私は、20代後半の会社員ですが、40代前半でセミリタイアすることを計画しています。今回は、その思想に至った経緯を含めて、20代からセミリタイアを想定した人生設計をすることについて、書きたいと思います。
スポンサーリンク