セミリタイア

セミリタイアの考え方

セミリタイアで「心の安定」を得たい

それでも、やはり早くセミリタイアしてこの状況から開放されたいという思いは募るばかりです。セミリタイアすることは、セネカの言う「心の安定」につながると思うからです。
セミリタイアの考え方

月10万円の生活は「楽しくない」のか?

気になったのはファイナンシャルプランナーの「大きなお世話」な回答内容です。セミリタイア、あるいはFIREに対する世間の「マトモ」な見方が改めて分かるものだったからです。
セミリタイアの考え方

セミリタイアしても「幸福」になれるわけではない

セミリタイアすると、「幸福」になれるのであろうか?もちろん、キツイ労働や、イヤな人間関係から解放されることは、喜ばしいことでありましょう。しかし、それがイコール「幸福」とは、必ずしも言えないのではないか。セミリタイアすると、「幸福」になれるのであろうか? もちろん、キツイ労働や、イヤな人間関係から解放されることは、喜ばしいことでありましょう。しかし、それがイコール「幸福」とは、必ずしも言えないのではないか。
セミリタイアの考え方

セミリタイアにとって「健康」の価値はプライスレス

セミリタイアにおいて重要なことはなにか?といえば、まず思いつくのが「お金」です。しかし、お金の問題も大事ですが、それと同じくらい大事だと思うのが「健康」です。意外と見落としがちな観点ではないでしょうか。
セミリタイアの考え方

新型コロナ自粛で分かるセミリタイアへ適性度

どうやら、世の中のほとんどの人は「家でじっとしていられない」人種のようです。このことで、改めて「セミリタイア」というライフスタイルが広まる心配はなさそうだなァと思いました。
セミリタイアの考え方

セミリタイアの真の目的は「人生を愉しむこと」だと思う

新年度を迎え、また1年の仕事が始まるわけですが、ここで改めてセミリタイアを目指す「真の目的」とはなんなのか、について記してみたいと思います。「新年」とか「新年度」というと、なにかと「初心」を忘れずにと言うではないですか。セミリタイア計画も「初心」が大切なのは同じなのですから。
セミリタイアの考え方

「内向型人間」はセミリタイアした方が幸せになれる

本書は、そんな「内向的人間」も決して捨てたものではない、長所を生かせば成功することもできるというポジティブな本なのですが、私は「あぁ、やはり会社で仕事するのは向いてないんだな」と改めて実感し、むしろ、内向的人間はセミリタイアした方が幸せではないかと思いました。
セミリタイアの考え方

セミリタイアして「憂鬱な日曜日」から解放されたい

日曜日が憂鬱で仕方がありません。なんというか、気分が晴れない、胸がつかえるような感覚、にさらされるのです。なぜこのようになるかと考えてみますと、答えは明らかなのです。そう、「会社に行きたくない」からなのです。
セミリタイア計画

公的年金をセミリタイア計画に組み込むべきか?

公的年金をセミリタイア計画に取り込む際に難しいのは、「公的年金がどれくらいアテになるのか」ということ。周知のとおり、少子高齢化の状況下では公的年金制度の持続性が危ぶまれています。「老後2000万円問題」も記憶に新しいところです。
セミリタイア計画

セミリタイアした後はいろいろな場所を旅してみたい

私が考えているのが「旅」をするということです。日本国内はもちろんのこと、予算が許す限りは海外にも行ってみたいですね。家と職場を往復する生活からオサラバしたのですから、どこか遠くに足を延ばして、いろいろなところを自分の足で歩き、見てみたいと思うのです。