人生哲学

人生哲学

サザエさん症候群を克服するたった一つの方法

結論から言ってしまえば、「会社を辞めるしかない」というのが唯一の解決法になりましょう。「そもそもサザエさんを見なければいい」というのも根本的な解決法にはなりますが、それはここでは考えない。あくまで、サザエさんは見ながらサザエさん症候群を克服しなければならない。
人生哲学

サラリーマン人生は”血を吐きながら続けるマラソン”か

サラリーマン人生を例えると何になるのでしょう。少なくとも単純な「旅」ではない。そんな、風景を楽しむとかそんな余裕のあるものではありません。私はぴったりの表現を見つけました。それが「血を吐きながら続けるマラソン」なのです。
人生哲学

人生ですべきこと、すべきでないことの見極め方とは?

「人生で何をすべきか?」誰でも1度は考えたことがあるのではないでしょうか。自分は、なんのために生きているのか、この人生にはどんな意味があるのか、たった1度与えられた人生をどのように生きるべきか・・・
スポンサーリンク
人生哲学

【最強】趣味としての「散歩」がおすすめな理由

人生に彩りを添えてくれるのが「趣味」ですが、セミリタイアを目指す上でどんな趣味がよいのでしょうか。そこで、おススメしたいのがいろんな意味で「最強」の趣味である「散歩」です。
人生哲学

私の好きな「辞世の句」ベスト3を紹介します!

私が辞世の句に興味を持っているのは、人生の最後に詠む歌にこそ、その人の人生観が表れていると思うからです。長かった人生、短かった人生、良いこと悪いことがあった人生・・・そうした人生の最後を「17字」で表現するのです。人生の終わりに至った時、人は何を思うのでしょうか。
人生哲学

人生100年時代に資産運用による「自助努力」は必須か

金融庁のワーキンググループが高齢化社会を迎えるにあたり、個人個人が備える(自助)の取組が必要だという報告を出したらしい。つまり、年金だけをあてにせず自分で資産運用するなどして準備することが必要というようなことを報告しているらしい。
人生哲学

ゴーン元日産社長に見る「金持ち」の特徴とは?

毎日のようにテレビで取り上げられている日産の元社長のカルロス・ゴーン氏。先日、保釈されたと思ったら、...
人生哲学

【花見】美しい花の下の汚い人間たち

。美しい花を愛でて、人生のはかなさに思いを馳せるという「美しい」花見をしている人がどれほどいるでしょうか。現代の花見の様子を見ると、そのような「美しき花見」は万葉の昔に死に絶え、もはやゴミのような人間がただただバカ騒ぎをしているとしか思えません。
人生哲学

人生とは、所詮は気晴らしに過ぎないのかもしれない

気を紛らすこと。人間は、死と不幸と無知を癒すことができなかったので、幸福になるために、それらについては考えないことにした。ーパスカル
人生哲学

年賀状は不要の産物である

もはや、「年始のあいさつをすること」が目的ではなく、「年賀状を出すこと」それ自体が目的と化しています。手段が目的となってしまっているのです。そんな、年賀状はもはや不要です。時間とお金のムダでしかありません。
スポンサーリンク