書評

書評

【書評】「イヴの7人の娘たち」遺伝子で辿る人類の遙かなる旅路

謎が「ミトコンドリアDNA」によって明らかにされていきます。人類はどこから来たのかーそれを明らかにしていくと、我々の祖先が辿った遙かなる旅路が見えてきます。
書評

【書評】『父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え』はセミリタイアの確かな道しるべを示してくれる

著者は経済的自由あるいはFIREといってもいいと思いますが、それを達成した人物で、本書はそれを達成するためのお金と投資の考え方を紹介しているのです。セミリタイアやFIREを目指しているなら、大いに参考となることが書かれていると思います。
書評

【書評】『ウソつきの構造-法と道徳のあいだ』であぶり出されるこの世の実態とは?

本書で特に問題として扱っているのは、例えば「森友・加計問題」といった外形的には問題がないというように整合性を作るために発生したウソのことです。
スポンサーリンク
書評

【200年早すぎた男】皇帝フリードリッヒ2世の生涯とは?

中世の神聖ローマ帝国の皇帝、そしてシチリア王国の王として君臨し、既存の価値観にとらわれることなく自らの信念を貫いて時代を駆け抜けた「反逆児」の生涯を描いた作品です。
書評

【書評】「FIRE-最速で経済的自立を実現する方法」

本書の内容は、アメリカ人のグラント・サバティエ氏が5年で銀行残高2.26ドルから125万ドルの資産を形成し、FIREを達成したノウハウをまとめた本です。125万ドルというと、日本円で1億円以上の資産です。これを5年で達成したのですから、スゴイとしかいいようがありません。
書評

読書習慣をつくるための5つのステップ【本の虫が解説します】

世の中には読書の習慣をつけたいと思いながらも、なかなかうまくいかない人も多いとか。先日、どうすれば読書する習慣ができるのか、知り合いに聞かれたので少し考えてみました。
書評

【書評】「私の嫌いな10の人々」を読むとますます人間が嫌いになる

氏の著書を読むと、普段モヤモヤと感じていることが見事に「言語化」されているので、「そうだそうだ」という感じです。氏の言葉にうなずける人ほど、氏同様に相当”ひねくれている”のではないでしょうか。
書評

【書評】年収90万円でハッピーライフを読んだ感想

なんだかセミリタイア後の私の生活の「模範」のような生活だなと思って、興味深く読みました。たぶん、セミリタイアした後の生活ってこんな感じだろうなというのがよく分かる本です。そして、なんだかんだいってやろうと思えば、なんとかなるもんだということが分かります。
書評

「進化論」でセミリタイアを考えてみる

我々の行動、考え方が進化論の結果(つまり遺伝子)の影響を免れないのならば、「セミリタイア」という考えに至った私は進化論的に考えるとどうなんだろうと考えた次第です。
書評

FPが実践”飲み会やめたら人生が変わる”を読んだ感想

結局、飲み会は「時間」と「お金」のムダでしかないというのが私の結論です。そんな私の持論を裏付けてくれるような記事だったので、紹介したいと思います。
スポンサーリンク