ティベリウス

つみたてNISA・iDeCo

【2020年5月】つみたてNISAの運用状況

つみたてNISAの運用状況です。 イデコの運用状況でも書きましたが、ここのところ株価が急速に回復しています。良いか悪いかといえば良いのですが、ちょっと早すぎて大丈夫かな?と思わないでもない。
つみたてNISA・iDeCo

【2020年5月】iDeCoの運用状況

新型コロナウイルスに影響されている昨今ですが、株価も3月に大幅下落してどうなるかと思っていましたが、その後は回復してきています。だいたい下落したぶんの半分くらいは戻したところでしょうか。思いのほか回復が速いという印象です。
セミリタイアの考え方

セミリタイアにとって「健康」の価値はプライスレス

セミリタイアにおいて重要なことはなにか?といえば、まず思いつくのが「お金」です。しかし、お金の問題も大事ですが、それと同じくらい大事だと思うのが「健康」です。意外と見落としがちな観点ではないでしょうか。
スポンサーリンク
株主優待

【2月優待】ウエルシアから株主優待が届きました

2月にクロス取引をしたウエルシアから株主優待が届きました。ウエルシアは大手ドラッグストアで、最近は株価も100株で80万円くらいするところで、クロス取引もそれなりの金額がかかります。それでも、もらえる優待内容を考えればお得感があるのは確かだと思います。
人生哲学

「学校に行きたくない」という子の声は取り上げられない

インタビューを受けて答える子供たちの答えが、決まって「うれしい」というものばかりだったからです。絶対「うれしくない」と思っている子どももいるだろうに、こうやって画一的な方向へ持っていこうとするメディアの確信犯的犯行が改めてはっきりしました。
人生哲学

セミリタイアを意識するようになって社会問題への関心がなくなりました

私にはこれが不思議でしようがない。みんなそんなことに時間を使ってもいいのかなあと思うのです。なぜなら、みんなどうせ死んでしまうのに、そしてどうせ人類も絶滅するのに、そしてどうせ50億年もすれば地球もなくなってしまうから。
書評

【書評】「80時間世界一周」格安航空乗りまくり悶絶ルポ

書き間違いではありません。「80日間」ではなく、「80時間」です。「80日間世界一周といえば、言わずと知れたジュール・ヴェルヌの代表作の一つです。それをもじったのが、この本。飛行機が当たり前になった現代であれば、80時間で世界一周できるのではないかーといういわゆる「おバカ企画」の一種とも言えます。
インデックス投資

「個別株」か「投資信託」か?長期で考えればやはり「投資信託」だと思う理由

私は投資信託やETF(上場投資信託)を積み立てで買っています。時折、個別株の方が儲かるのではないかという思いを持つこともありますが、今回改めて自分には投資信託が向いているなと思ったお話です。
人生哲学

ゴールを設定すると気持ちが楽になる

出口のないトンネルをひたすら歩いていると想像すれば、心細く不安になるのも当然です。果たして出口はあるのか、終わりはあるのか、出口に達するまでに力尽きてしまうのではないか・・・緊急事態宣言に限らず、人生において節目節目に目標というか、ゴールを設定しておくことは、精神的な面からとても大事だと思っています。
書評

【書評】「奴隷のしつけ方」に学ぶ古代ローマ式労務管理法

読んだ次の日から奴隷の態度が変わりました!(40代・貴族)私にも買える!と自身がつきました。(20代・自作農)古代ローマ貴族が教える奴隷マネジメント術の決定版がついに文庫化!
スポンサーリンク