【ふるさと納税】泉佐野市からAmazonギフト券5,000円をもらいました!

税・年金・社会保障

先日ふるさと納税の対象から外されると発表された泉佐野市。

対象から外されるのを見越してか、2月あたりからふるさと納税をすると返礼品に加えてAmazonのギフト券までくれるというキャンペーンを実施していました。

「100億円還元キャンペーン」ということで大々的に宣伝していたことで話題に。サイトにつながりにくくなるなど大人気になっていましたね。

かくいう私も「100億円キャンペーン」に参加しました。

【100億円】泉佐野市にふるさと納税をしてみました!
私はこれまで泉佐野市にふるさと納税したことはなかったのですが、今回、アマゾンギフト券もくれるなら、ということで、泉佐野市にふるさと納税してみました。

ふるさと納税したことを忘れかけていた先日、泉佐野市からメールが!そこにAmazonギフト券のコードが記載されていました。やった!

スポンサードサーチ

返礼品+Amazonギフト券5,000円!

私は、泉佐野市に5万円分のふるさと納税をしましたので、10%にあたる5,000円分のAmazonギフト券がもらえたわけです。

ふるさと納税は、自治体に寄付をすることで所得税や住民税が減額される仕組みで、返礼品はあくまで「おまけ」みたいなものです。

どうせもらえるのだったら、コスパがいいものを選びたいですよね。

ですから、ふるさと納税することで「税金の減額」+「返礼品」が手元に帰ってくるわけですから、「返礼品」が高額なもののほうが実質負担が少なくなってオトクなのです。

泉佐野市の場合は、元々返礼品が豪華だったのに加えて、さらに寄付額の10%にあたるAmazonギフト券がもらえるのですから最強ですね。寄付が殺到するのも当然なわけです。

今後のふるさと納税はどうなる?

泉佐野市は、総務省からふるさと納税の対象から外されるのが、うすうす分かっていましたので、最後の駆け込みを狙ったキャンペーンをやりました。そして、案の定対象から外されてしまったのです。

6月からは、泉佐野市に寄付しても税金の控除を受けることができません。がんばっていたのに、ちょっとかわいそうに思います。

そもそも、返礼品が豪華になりすぎたということで、返礼品は寄付額の3割以下にしなさいというお達しを総務省が出したうえ、とうとう認可制にしてしまいました。

総務省の許可がもらえなければ意味がありませんから、総務省の指針に沿ったものしか残らないでしょう。

それなら、最初からそうすべきなのに、後だしジャンケンみたいな感じでちょっと感じが悪いですね。

問題があるのはわかりますが、せっかく自治体が知恵を絞ってやっているのに、それに水を差すのはどうかなあというのが率直な感想です。何かあれば、すぐに規制の網をかけるのが日本の行政の悪いところです。その意味では、泉佐野市の”最後っ屁”は、大変愉快です。

おかげで私も5,000円もらえましたし。

泉佐野市は、またなにかやってくれそうな気がするので、期待したいですね。

税・年金・社会保障
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~