アドセンス「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」の対処法

ブログ

ブログの収益化のためグーグルアドセンスを導入していますが、先日こんな警告が出ていました。

要注意-ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

なんだかよくわかりませんが、何かをしないといけないらしい。

ということで、いろいろ調べて今回この警告に対して処理をしてみたので、その対処法を書いていきたいと思います。

とにかく警告を消したいという方向けにやり方を簡単に説明したいと思います。

スポンサードサーチ

ads.txtって何?

そもそも今回警告が出ていた「ads.txt」って何なんでしょう。

調べてみたのですが、いまいちよく分かりません。

「ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。」

出典:Google ヘルプ – ads.txtで認定販売者を宣言する

アドセンスのヘルプにはこのように書かれています。簡単に言うと、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができて、広告主にとって安心になるってことなんでしょうか。偽の広告枠が提供されるっていうのも、どういう状況なのかよく分かりませんが。どうやらなりすましサイトのことらしいです。

まあ、とにかく対処しておいたほうがよいということのようです。警告を放置してグーグルアドセンスの配信が停止されるなんてことになったらイヤですからね。

手順①グーグルアドセンスのサイト運営者IDを確認

まずは、グーグルアドセンスのサイト運営者IDを確認しておきましょう。

アドセンスにログインして、画面左メニューの「アカウント」→「アカウント情報」とたどっていくと、「サイト運営者ID」が表示されているはずです。

IDは、pub-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 のような形です。(〇が数字)

このIDが後程必要になりますので、確認しておきましょう。

スポンサードサーチ

手順②テキストエディタを用意

続いてサーバーにアップするファイルを作成していきます。

使うのは、テキストエディタと呼ばれるものです。Windowsであれば、「メモ帳」というものがあるはずです。

サイトによっては、メモ帳はダメだと書かれていたものもあったのですが、メモ帳でも問題なくできたので大丈夫だと思います。

メモ帳を起動したあと、次のように入力します。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ここで、「pub-0000000000000000」のところを先ほど確認したサイト運営者IDに置きかえます。

そして保存します。保存するときは「ads」という名前にします。また、保存するときに文字コードを「UTF-8」を選択します。名前を付けて保存を選択して、ファイル名を入力する画面の一番下のところに、文字コードを選択するタブがあるので、その中から「UTF-8」を選択します。

保存すると「ads.txt」というファイル名になるはずです。

手順③エックスサーバーにアップする

私はエックスサーバーを使っているので、そのやり方を書いていきます。

まずは、エックスサーバーのエックスサーバー インフォパネル にアクセスし、ログインします。

そこで、「ファイル管理」というボタンを探してクリックします。画面が変わったら、フォルダがずらっと並んでいる画面になると思います。そこで、自分のブログサイトのURLのドメインのフォルダをクリックします。

その次に画面で、「public_html」というフォルダがあるので、クリック。

「public_html」の中に入ったら、右側にある「ファイルのアップロード」欄の[ファイルを選択]を押して、先ほど保存したads.txtを選択します。

アップロードボタンを押すと、左側のファイル一覧に「ads.txt」が入ればOKです。

ドメイン名/ads.txt とURL欄に打ってみると、先ほどアップロードしたテキストが表示されていれば成功です。

スポンサードサーチ

意外と簡単にできました

以上で作業は完了です。意外と簡単にできました。

アップロードしてもすぐに警告が消えるわけではありません。しばらく待ってみましょう。私の場合は、昼間に作業して夜に確認してみると警告が消えていました。

とても簡単にできるので、やっておいて損はないと思います。ご参考まで。

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~