年収400万円の私でも5年で1200万円貯めた方法

お金の考え方

セミリタイアを目指しているティベリウスです。

セミリタイア計画の根幹は、「インデックス投資」と「節約」です。本当は、ブログ運営での収益があれば、それも3本柱の一つと言えるのでしょうが、今のところまだそこまでは至っていません。

インデックス投資も、昨年につみたてNISAやイデコを始めたばかりですので、まだまだ結果は出ていません。結果がわかるのは15年、20年後くらいになるでしょう。また、普段は淡々と積立を続けるだけ(設定しておけば自動でやってくれます)なので、日常では特にすることもありません。

そこで、日常生活での取り組みで重要になるのが、「節約」による貯金です。これが、資産形成において最も手っ取り早く、最も確実な方法です。

私は、年収400万円のサラリーマンです。特に高収入というわけではない水準だと思います。それでも、5年で1200万円の貯金ができました。(その後、1700万円を達成していますが、切りよく5年で考えてみたいと思います。)

今回は、私が貯金1200万円を達成した方法を書いてみたいとおもいます。

スポンサードサーチ

5年で1200万円の貯金をするには?

私は、年収ベースで約400万円。手取りでいうと、月20万円、ボーナス80万円、年320万円くらいです。

5年で1200万円の貯金をしようと思えば、年平均で240万円の貯金をする必要があります。

そうすると、320万円ー240万円=80万円。年間80万円で生活できれば、年間240万円の貯金ができますね。

月にすると、約7万円弱です。

もちろん、計算上の話で実際のできるかどうかは別問題です。

が、できなくなないと思うのです。

「お金を使わなければいい」という単純な結論

では、具体的にどうすればいいのでしょう。

答えはシンプル・簡単で、「お金を使わなければいい」のです。そんなの当たり前だと言われそうですが、それしか方法はないのですからしょうがありません。

私の場合は以下のとおりです。

  1. 実家で生活する
  2. 自動車を保有しない
  3. 格安スマホを使う
  4. 家と会社の往復だけ
  5. お酒とたばこはしない
  6. 休日は読書などインドアで過ごす

こんなところでしょうか。

1の実家暮らしですが、月に3万円は家に入れています。だいぶ安いと思います。社会人になってから金額は変わっていないので、もしかしたら「値上げ」があるかもしれませんが。

それでも、賃貸で借りて一人暮らししていたらこれでは済まないでしょう。生活費の中で最もウエイトを占めるのが住宅費です。これをいかに抑えられるかが、貯金の成否を決めます。

いわゆる「パラサイトシングル」というやつですが、複数人で共同生活してコストを下げるのは「経済合理的」な行動です。

「見栄」より「実」をとることが重要です。

実家暮らしこそセミリタイアへの近道である理由
セミリタイアする上で、考えなければならないのが「住宅問題」です。これについて、どのような選択をするのかによって、セミリタイアの計画設定が大きく変わってきます。

2、3の自動車や格安スマホは以前に書いたとおりです。

自動車は保有しているだけで、税金や保険料、車検代などお金があっという間に飛んでいきます。もはや資産というよりは「負債」といってもいいくらい。自動車を保有していては、貯まるものも貯まりません。

クルマは「負債」である!セミリタイア志願者がクルマを持つべきでない理由
クルマを買うのにお金が必要なことはもちろんですが、クルマは買っただけでは済まず、その後も「ランニングコスト」という形でお金がかかり続けます。では、セミリタイア志願者はどうすべきなのでしょうか。結論から言えば、「クルマは持つべきではない」という結論になります。
スマホ代に月1万円!?そんな意識ではお金が貯まるはずないよね。
スマホの料金に1万円も掛けている神経がよくわかりませんね。月1万円ということは、年額12万円。5年で60万円、10年で120万円にもなります。

スポンサードサーチ

会社と家を往復しムダな出費をしない

4の「会社と家の往復だけ」というのも大きいと思います。私は、会社が嫌い、人間が嫌いですので、帰れるときはすぐに帰ります。

5のお酒やたばこをしないということとも関連しますが、誰かと飲みに行くこともありませんし(飲み会は極力行きたくないのです)、どこかに遊びに行くなんてこともありません。疲れているので会社からすぐに家に帰りたいのです。

そうすれば、出費をする機会がありません。

勤務日は以上のような感じですし、休日もあまり変化はありません。

6の読書などのインドアで過ごすのとおりです。

基本的に読書などインドア派なので、どこかに遊びに行くこともありません。時たまに映画を見に行くくらい。

ほとんど「引きこもり」に近い生活とも言えます。これなら、お金がたまって当然ですよね。月7万円でも十分に生活可能です。

こんな生活は無理?

ここまで読まれた方は、「何が楽しくて生きてるの?」って思われる方もいるかもしれません。私も、なんで生きているんだろうと思うことがあるくらいですから。

でも、私にとってはこの生活が「普通」なのです。会社以外では、誰にも会いたくもなく、家でのんびりと本を読んでいるときが一番落ち着くのです。別に無理をしているつもりはありません。自分の快適だと思う生活を追求していった結果なのです。もちろん最近は以前にもまして節約を意識するようにはなりましたが。

まさにセミリタイアに最適な性格といえるのではないかと思うのです。

もちろん、無理をしてストレスになっては元も子もありません。しかし、貯金をしたい、セミリタイアしたいという思いがあれば、きっとできないことはないことではないでしょうか。

お金の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ティベリウスをフォローする
スポンサーリンク
会社に行きたくない~セミリタイア15ヵ年計画~