【簡単】楽天ダイヤモンド会員になる方法とメリットを解説します

楽天経済圏

楽天会員になっていると、そのポイントの獲得実績によって、ランキングがついているのをご存じでしょうか。

仕組みとしては、楽天サービスをたくさん使って、たくさんのポイントを獲得していくとランキングが段々と上がっていくというシンプルなシステムです。

最初はレギュラーから始まり、シルバー→ゴールド→プラチナ→ダイヤモンドと、ランク付けされます。

私は、現在ダイヤモンド会員となって4ヶ月目になります。私は、そんなにヘビーユーザーでもないと思っているのですが、そんな私でもダイヤモンド会員になることができました。ポイントをしっかりと意識していけば、ダイヤモンド会員になるのはそんなに難しくないのではないかと思います。

今回は、楽天ダイヤモンド会員になる方法とそのメリットについて解説していきたいと思います。

スポンサードサーチ

ダイヤモカ月ンド会員になる条件とは?

まず、ダイヤモンド会員になる条件について確認しておきましょう。以下の3点を満たす必要があります。

過去6カ月のポイント獲得数が、4000ポイント以上
過去6カ月のポイント獲得回数が、30回以上
楽天カードを保有していること

3点目の楽天カードを保有するというのは、楽天関連のサービスを使い倒そうと思えば、必須と言えるものですので、これがないと話にならないというものではないでしょうか。ダイヤモンド会員になる・ならないに関わらずとてもオトクなカードですから、もっておいて損はないと思います。

そこで、問題となるのは、1番目と2番目の条件です。

楽天銀行と楽天証券を使おう

ポイントを稼ぎ、そしてポイント獲得回数を稼ぐという点においては、楽天銀行と楽天証券を使いましょう。私も、両方を開設しています。

楽天銀行

まず、楽天銀行ですが、「ハッピープログラム」というものがあり、楽天銀行を使うとそれに応じてポイントをもらうことができるものです。

例えば、給与を楽天銀行でもらうようにしておくと、スーパーVIPなら3ポイントもらうことができます。楽天銀行でも、預け入れ金額の多さやサービスの利用回数に応じてランク付けされていて、ランクが高いほどポイントが高くなります。先ほどの例でいえば、「ベーシック」ランクの場合は、1ポイントになります。私は、預け入れ金額で「スーパーVIP」になっています。これが一番簡単な方法ではないかと思います。

私の楽天銀行からのポイントは、毎月5回分もらっています。

  • 給与の受取
  • 他行口座からの振り込み
  • 楽天証券取引分
  • 自動引き落とし(口座振替)
  • 楽天銀行即時入金サービス

楽天ポイントクラブの獲得履歴から書き出してみたのですが、正直どのサービスを使った分なのかが分かりにくいです。おそらく、楽天カードの引き落としや、楽天証券での取引に関連して、ポイント獲得になっていると思うのですが、どれがどれに対応しているのか、分かりにくい。

ちなみに、この5回分で38ポイントついていました。

楽天証券を使って、投資信託の買い付けなどをしていれば、自然と何回かはポイントがつくのではないかと思います。

楽天証券

楽天証券では、月額最大5万円を楽天カード決済で投資信託の積み立てにしておくと、500ポイントをもらうことができる仕組みになっています。

楽天証券のカード引き落としでポイントをゲットする方法
楽天証券で、投資信託を購入する際に、楽天カードでの支払いをすると、ポイントをもらうことができる制度が始まりました。私も早速設定をしたので、制度をご紹介したいと思います。

最大5万円の投資信託の積み立てをしておけば、毎月500ポイントですから、6か月で3000ポイントを獲得することができます。ダイヤモンド会員になる条件は、6か月で4000ポイントですから、これだけで残りは1000ポイントになります。

また、楽天銀行とのマネーブリッジの設定にしておくと、利率が0.1%つくので、おススメです。

スポンサードサーチ

楽天Edyや楽天Payを使えば、回数稼ぎになる

そのほか、ポイント獲得回数を稼ぐ方法として、電子マネーの楽天Edyやスマホ決済の楽天Payを使うものがあります。

楽天Edyは、チャージ式の電子マネーで、使うと100円につき0.5ポイントつきます。また、チャージを楽天カード支払いにしておくと、楽天カードの方でも100円につき0.5ポイントもらえます。合わせて、実質1%のポイントをもらうことができます。使うと1回ずつポイント獲得履歴がつくので、回数稼ぎにはもってこいでしょう。

また、同様にスマホ決済の楽天Payもポイントをもらえます。こちらは、楽天カード引き落としにしておくと、1.5%のポイントがもらえるので、よりオトクです。

【初体験】楽天ペイをコンビニで使うのは恥ずかしい?
先日の100億円キャンペーンで話題となった「ペイペイ」やこれまたキャンペーンをしている「LINEペイ」など、様々なスマホ決済が乱立しています。私もよく利用している楽天も「楽天ペイ」をしており、私もコンビニで初めて使ってみました。

常に楽天サービスを使うチャンスがないか意識する

あとは、楽天サービスを使う機会がないか虎視眈々と狙っていきましょう。

私の場合でいえば、例えば、通勤定期は必ず楽天カードで支払うようにするとか(まとまったポイントを獲得する絶好の機会です!)、家族の買い物を代行して楽天市場で買い物したりしています。

こうやっていけば、ダイヤモンド会員になるのはそんなに難しくないのではないかと思います。

スポンサードサーチ

ダイヤモンド会員になるメリットは・・・

で、ダイヤモンド会員になるメリットですが、今のところあまり実感できていません。

楽天グループのクーポンなどがもらえるのですが、あまり使えるところがないですね。使える条件が限定的だったりして、あまり使い勝手がよくない印象です。

そのほか、優待セールの招待や、楽天市場で買い物するときのポイントがアップするみたいです。これは、ありがたいですね。

いちばん大きなメリットとしては、誕生月に700ポイントもらえることでしょうか。これで、文庫本が1冊買えますね。

とにかく、楽天グループのサービスを使っていれば、自然とダイヤモンド会員になることはできるのではないかと思います。全て楽天で固めてしまえば、最強ですね。